アニメ『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』の第17話『離散の反動』を、場面カットとあらすじで振り返る!/(C)Jordan森杉 / TRICKSTER製作委員会

写真拡大

TOKYO MXほかで放送中のアニメ『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』(毎週月曜深夜1:05-1:35ほか)の第17話『離散の反動』を、場面カットとあらすじで振り返る。

【写真を見る】第17話では、銃撃を受けた小林が激痛に襲われる。いつも彼を守っている“もや”が消えてしまったのか…?/(C)Jordan森杉 / TRICKSTER製作委員会

本作は、江戸川乱歩の小説「少年探偵団」を原案に、2030年代の東京を舞台にしたオリジナルアニメ。

謎の探偵・明智小五郎(CV.小野大輔)の下に集う「少年探偵団」。ある日、団員の花崎健介(CV.逢坂良太)は「死ねない身体」となった小林芳雄(CV.山下大輝)と出会い、少年探偵団へ誘う。やがて二人の運命が、怪人二十面相(CV.GACKT)と明智の因縁と絡み合いながら、動き出していく。

【第17話『離散の反動』】

銃撃を受けて、激痛に襲われる小林。いつも彼を守っている“もや”が消えてしまったのか? 現場に駆け付けた明智の推測に、井上はハッとする。小林はいま生きたがっているのでは…。瀕死(ひんし)の小林を前に動揺する花崎。明智は小林を助ける方法として「死にたいって思わせてやることだ」と助言するも、「生きたいと思わせちまったのはお前だ」と突き放す。そして、自分で何とかしろと言い放ち、次いで衝撃的なせりふを口にする。

なお第18話『純悪錯誤』は、TOKYO MXでは2月13日(月)深夜1時5分より放送となっている。