彼と別れてしまったけど、カラダの関係だけは続いている……。このような元カレとのセフレ関係に悩んでいる女性は少なくありません。

「ダメだとわかっていても、何故か離れられることができない」そして、その葛藤はどんどんあなたを追い詰めていく……。断ち切るべきなのか? それともこのまま続けていくべきなのか?

このような葛藤に悩みに苦しむ女性にむけて、今回は、セフレ状態を打開するためのベストな対処法についてご紹介します。

 

■元カレとどう在りたいのかを考える

元カレとセフレ状態に陥ってしまったとき、まず考えなくてはいけないこと。

それは「その人とどう在りたいのか?」ということです。

私は「復縁を望んでいるから」と思い込んでいる人もいますが、意外としっかり自己分析してみると「ただ寂しかった……」という女性も少なくありません。

このようなパターンは、別れたあと比較的短い期間でセフレになってしまった女性に多く、よく考える時間がなかったと思われます。

ですから、何よりまずは、元カレとどういう関係で在りたいのかをしっかり自己分析してみましょう。

 

■男性心理を知る

男性心理を知ることも大切です。

男性とは、セフレがいることにステータスと感じ、彼女よりもセフレのほうが楽だと思っている人も多くいます。

ですから、あなたが元カレとの復縁を望んだり、良き友達としての関係を考えたりするのであれば、セフレはあなたに何のメリットも及ぼさないのです。

男心をよく理解し、つい都合のいい女になってしまわないように、自らセフレ関係は断ち切るようにしましょう。

 

■女性心理を知る

先ほどとは反対に、女性心理を知ることも大切でしょう。

女性はセフレになることに、どう感じているのでしょうか。

「私は元カレとはセフレのままでいい」と、自らその状態を望んでいるのであればそれで構いません。しかし、「セフレなんて全く望んでない!」という場合、しっかり自分自身を見直すことが必要です。

男性はエッチを行為として割り切ることができますが、女性はエッチを恋愛感情として思い込み、元カレはまだ「私のことを愛している」と置き換えてしまうことがあるのです。

ですから、つい情に流されてしまわないように、女心を理解しておくことも大切でしょう。

 

■会う時間は昼間のみにする

現実的にセフレ関係を築きにくくするオススメの方法があります。

それは、元カレと会うときは昼間のみにするということ。

夜や夕方に会ってしまうと、どうしてもエッチに流されやすく、あなた自身もそんな気分になってしまいがちなのです。

ですから、明るい昼間に会うのが狙い目。また、元カレに夜会うことを迫られても、しっかり断るあなたの意志も必要でしょう。

 

いかがでしたか? よりを戻そうとするばかりに、ついセフレになってしまった女性も多いでしょう。

ですが、セフレになることは、復縁もしくは良い友達関係を築くことには繋がりません。

まずは何よりその事実を知り、セフレ関係を脱却してみましょう。(恋愛占い師 そら)

【画像】

※ Olena Yakobchuk/shutterstock

【関連記事】

※ 愛してるぜ…!オトコが本命女子だけにする「ベッドでのラブアピール」

※ マンネリ打破。いつものエッチがガラリと変わるちょい足しテク

※ 男子の「最近いつエッチした?」に対するベストアンサー4つ

※ 朝エッチしたくなる…♡寝起きでも「可愛さ」を感じる瞬間

※ もう離れられない♡エッチが上手い男を見極めるコツ4つ

※ 男子が「ラブホ選び」で実は気を付けている4つのコト