南アフリカのサイの保護施設で、サイと猫が厚い友情を育んでいます。

種も大きさも違う2匹は共に孤児でしたが、いつしか恋人同士のようにべったりと離れない関係となっていました。

 

Rescued Cat Bonds with Orphaned Baby Rhino and Begin an Adorable Routine to Support Each Other.


先に住民となったのは猫のミューウィ。子猫のときに弱っていたところを拾われ、リンポポ州の保護施設にやってきました。


サイのナンディは、生後2か月のときに母親が密猟者に殺され、飢えていたところを保護されました。


2匹の世話は、ジェイミー・トレーナーさんが引き受けたことから、必然的に一緒にいる時間が長くなりました。


いつしか2匹(と1人)は、家族のように親密になっていたのです。


何をするときも一緒。

[画像を見る]
どちらも散歩好きで、猫のミューウィが後ろを付いていくときもあれば……。

[画像を見る]
サイのナンディが後ろを付いていくときもあります。

[画像を見る]
ちなみにサイ視点だとこんな感じでも……。

[画像を見る]
猫視点だとこんなサイズ感になります。

[画像を見る]
種族も大きさも違っても、ミューウィとナンディとっては関係ありません。

お互いがいることで、これからも寂しい思いをすることはないのでしょうね。

【「猫」と「サイ」が恋人同士のようにラブラブな関係に…どんなときも一緒】を全て見る