Doctors Me(ドクターズミー)- 妊娠中&産後のセックスレス…夫婦で解決できる効果的な方法とは?

写真拡大 (全8枚)

妊娠中や出産後のセックスレスにお悩みのご夫婦は以外と多いと思います。

どうすれば良いか分からないまま関係を悪化させてしまってることはありませんか?

今回はそんな悩めるご夫婦のために、セッスクレスの原因や解消法を解説いたします。

妊娠中にセックスレスになる原因


原因


■ 女性
妊娠することにより、ホルモンの変化やつわりで性欲が弱まることが原因です。

また、自分の身体が大きく変化していくことで女性としての性的な魅力に自信が持てなくなり、セックスに対して消極的なってしまうことも要因の一つです。

■ 男性
妊娠している相手とセックスをするのは単純に「赤ちゃんに何かありそうで怖い」という気持ちになることも多いようです。

対策


■ 共通
お互いに対する思いやりを表現することが重要になります。妊娠中はお互いの身体の違いや心理状態について理解し合うことが何よりも大切です。

■ 女性
旦那さんの身体に触れることや、性的欲求の解消に何らかの形で協力をしてあげましょう。

男性は自分を気にかけて欲しいという気持ちが強いので、良いところをほめたり、食事で相手の好みのものを作ったりすることでも欲求不満は解消されることが多いようです。

■ 男性
妻に対して労わりの言葉をかけたり、セックス以外の方法、例えば腕枕をしたり、相手の身体をマッサージするのもお勧めです。

■ 産婦人科
もし「妊娠中でもセックスをしたい」と二人の気持ちが一致したときは、恥ずかしがらずに産婦人科の主治医に相談してみましょう。もちろん、無理は禁物。お腹のハリを感じたり、体調がよくないときは途中でもやめる必要があります。

出産後の初めての性行為に関して


経産婦さんにアンケートをしたところ、以下の結果になりました。

Q1. 出産後、初めてのセックスは産後何日ぐらいたってからでしたか?


■ 1位:40日(26%)
■ 2位:60日(23%)
■ 3位:50日(22%)

■ 4位:30日(15%)
■ 5位:70日(9%)
■ 6位:80日でまだ(5%)

Q2. 産後のセックスは妊娠前と変わりましたか?


■ 変わった:82%
理由)
・セックスしたい気持ちがなくなった(40%)
・以前より感じなくなった(20%)

ネガティブな変化が過半数を占めています。

産後セックスレスになる原因


育児疲れ


夜も昼も育児と授乳があってヘトヘト、夜は夜泣きがあったりで、旦那さんに求められても対応する時間もないというケースも多いようです。

出産時の会陰切開の影響


出産時の会陰切開の影響などでセックスの時に痛みを感じるようになってしまったり、以前と感じ方が変わってしまったりとママ側の受け入れが整わないため、性欲が戻らないという事もあります。

生理の影響


授乳しているママは排卵が抑えられ、生理が5〜6ヶ月程度来ないのが一般的ですが、授乳してないママの場合は、産後2〜3ヶ月で生理が来ます。生理が来るまでは性欲も戻らないという方も多いようです。

夫への不満


夫の子育てへの関わり方や家事の分担に、強い不満をもつことからセックスレスになるとも考えられます。

核家族化と地域社会の崩壊によって、子育てを一人で行わなくてはならない女性が急増。頼れるのは夫のみ、という閉鎖的な環境の中で、夫の非協力的な態度がストレスとなってしまうのかもしれません。

ホルモンバランスの崩れ、心身の不安


出産後の母親のホルモンバランスの崩れなどの生理作用、子育ての不安、ライフスタイルの変化 といった女性の心身の不安定さも要因になりえます。

セックスレスにはスローセックスがオススメ


スローセックスとは、男性の射精や女性のオーガズムを目的とするのではなく、スキンシップとして時間をかけてお互いの体を労わりながら楽しむ、という性行為の方法です。

倦怠期のカップルや夫婦にとって、お互いに対する気持ちをリフレッシュできるといった効果も期待できます。

スローセックスのポイント


◎ 相手の体をゆっくりとした繊細なタッチで、手や口などで愛撫する

◎ 快感をお互いに与えあいながらゆっくり時間をかけて行う

◎ 挿入や射精にこだわらない

◎ お互いの存在やつながりを大切にしながら、二人の一番良いと思うタイミングですべてを行う

◎ 簡単に終わらせないために、お互いにオーガズムに達するときの70%くらいの快感で止めておく

性行為以外の愛の育み方


セックス以外でパートナーの体に何らかの形で触れ、親密な関係を維持しておくことは、セックスレスにならないためにもとても役に立ちます。

同じベッドで一緒に寝る


夫婦がひとつのベッドで眠ることで、睡眠の質がグッと向上するのです。それは、コルチゾールと呼ばれるストレスを感じさせるホルモンを減らし、愛しさを増すといわれる「オキシトシン」が増加するためだといわれています。

夫婦だけの会話を楽しむ


仕事や家事、子育てで疲れ切って、しばらく語り合っていない…と感じている夫婦が意外と多いのではないでしょうか。ベッドでは、寝るまでの間や起きぬけに子どものことを気にせず、大人の男女としての会話を楽しむことができます。

スキンシップ


手をつないだり、抱きしめ合ったり、背中をさすったりといったスキンシップもお互いの安心感や信頼を育むうえで、非常に大切なことです。

愛情ホルモンが少ない人は浮気をする?


愛情ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」の分泌量の少ない男性は、浮気をしやすい傾向にあると医学的な研究で明らかになっています。

浮気を予防するためにはこのオキシトシンを分泌させておくことが有効なのです。互いにオキシトシンレベルが高いカップルは、夫婦の関係が良好にある、という研究報告もあるほど。

愛情ホルモン(オキシトシン)を高める3つの方法


1. スキンシップは積極的に
夫婦、親子、恋人、友人同士など「親密」な関係をもつ人同士のスキンシップで、オキシトシンが分泌されるといわれています。

ちなみにオキシトシンは、親密な想いを抱いている相手との触れ合いで分泌されるので、たとえば犬や猫などのペットを撫でるだけでも分泌が促されます。

2. 他者に親切にする
電車で席を譲る、落し物を届けるなど、親切な行動を取ると幸せな気分になりませんか?こういった他者への思いやりからも、オキシトシンが分泌されるます。

3. 誰かと食事を共にする
ひとりで食事をするほうが気楽な方もいるでしょうが、仲のよい人と食事をするほうがオキシトシンの分泌が促進されるといわれています。積極的に友達と食事をしたり、夕飯は家族で食卓を囲むよう意識してみましょう。

セックスレスに関するお悩み体験談


体験談1:授乳中ですが、産後セックスレスです。


■ 相談者(30代女性)
産後セックスレスです。 触れられるのも嫌です。 授乳中です。

■ 回答
授乳しておられるとのこと、大変な時期ですね。
子育ての大変さ、産後のホルモンの変化などでセックスに興味が湧かない、嫌悪感すら感じるというのは、非常によくあることで大変多くの女性が経験することです。

男性であるパートナーにはなかなか生理的に理解してもらえず、辛い思いをすることがあるかと思いますが、時間とともにほとんどの方は元に戻りますので、パートナーにも理解してもらい無理強いせずに、自然にセックスに興味が戻るのを待つのがいいですね。

体験談2:何年も性行為をしていません、妻にどう切り出せばいいでしょう…


■ 相談者(40代男性)
40代後半で、何年も性行為をしていませんが、妻にどのように切り出せばいいでしょうか?

■ 回答
このような問題は御夫婦の関係などにもよりますので、正解はなく難しい問題と思われます。あくまで一例ですが、いくつかの案を挙げさせていただきます。

・スキンシップを増やす
・旅行などで環境を変えてみる
・率直に切り出してみる
・カウンセリング(性の悩み相談など専門家)を利用する

お互いの性格や関係などを考慮して考えてみてください。

体験談3:セックスレスで悩んでいます


■ 相談者(30代女性)
セックスレスです。
旦那とは4年半ほどつきあって、結婚して3年です。もともとつきあっていた時からレスでした。夫婦仲は良好でとても仲がいいです。

年齢的にもここ数年どうしようかと1人悩んでいます。
ただ、彼は仕事が非常に忙しいです。私も同じ会社で、彼は上司なので、私もかなり忙しく仕事をしています。
もうどうしたらいいのかわかりません。

■ 回答
夫婦仲は良好でとても仲が良いということで、とても大切なことだと思いますので、その点はご相談者さまも安心ですね。

「セックスレス」や「子どもが欲しい」とういことを直接的に話すと旦那さまもプライドが傷つくことがあるかもしれません。

ご相談者さま自身、セックスレスを解消することで今と違うどういう生活を望まれていますか?
・子どものいる生活
・旦那さまとより仲良く暮らす生活
などいろいろあると思いますが、まずはご自身の望みを考えてみてください。

それから、旦那さまに
「○年後はどんな生活をしていたい?」
など、楽しい未来を想像するような話題からお話を始めてみてはいかがでしょうか。

編集部より一言

ご夫婦のセックスレスに関するお悩みは、お互いの思いやりや歩み寄りが大切なんだと思いました。

コミュニケーションを密に取り、愛情たっぷりのスキンシップを積極的に取っていきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)