今季の目標は「15ゴール」 成長誓う鹿島FW鈴木優磨「将来は海外で」

写真拡大

 2017Jリーグキックオフカンファレンスが13日に都内で行われ、昨季王者鹿島アントラーズからはFW鈴木優磨が出席した。

 鹿島を代表して登壇した鈴木は、開幕戦の対戦相手であるFC東京のFW大久保嘉人と握手を交わすと、「(FC東京は)前線に素晴らしい選手がいます」と警戒。それでも「良い守備から良い攻撃というのをしっかりやれれば、勝てるんじゃないかと思います」と強気な姿勢を見せた。

 その後の取材に応じた鈴木は、自身のコンディションについて「まだ70パーセントくらい」と明かし、「残り少ないですけど、ここから100パーセントに持っていけるように頑張ります」と万全の状態で開幕を迎えたいと話した。

 そして「チームとしては全タイトルを取るのが目標」と明言すると、個人的な目標についても「15得点挙げることです」と具体的な数字を掲げた。

 また、普段から「1日1試合は観ていると言っても過言ではない」というほど海外のサッカーをよく観ているようで、「アントラーズでレギュラーを取って、自分としては海外でやりたいという気持ちはすごくあります」と、鹿島でのさらなる成長を誓うとともに、将来的には海外でプレーしたいとの願望を明かした。

 鹿島は18日に「富士ゼロックススーパーカップ2017」で浦和レッズと対戦。その後、21日のAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節・蔚山現代(韓国)戦を経て、25日にJリーグ開幕戦でFC東京と激突する。