新作「ツイン・ピークス」の日本上陸が決まった/(C) 2016 Showtime. All Rights Reserved.

写真拡大

カルト的な人気を誇る海外ドラマ「ツイン・ピークス」の新作が、今夏WOWOWプライムにて独占放送されることが決まった。

【写真を見る】デビッド・リンチは「⽇本の皆さんに『ツイン・ピークス』の世界への新たな旅を楽しんでもらたい」

「ツイン・ピークス」は'90〜'91年に全米ABCネットワークで放送。奇才デビッド・リンチが初めてプロデュースしたテレビドラマとして話題になり、その人気は社会現象となった。

日本ではWOWOW開局時の目玉として'91年から初放送。作品に魅了された“ピーカー”と呼ばれる熱心なファンが出現し、“カルト”“ハマる”などの言葉が普及。翌年の新語・流行語大賞の大衆語部門において銅賞を受賞すると、海外ドラマブームの火付け役に。

そんな同ドラマでは、テレビシリーズ最終回で、殺された美少女・ローラが捜査官に「25年後に会いましょう」と告げる。このせりふ通り、25年の時を経て描かれるのが新作「ツイン・ピークス」だ。

新作はアメリカでは、'17年5月にSHOWTIME局で放送予定。カイル・マクラクラン、アマンダ・セイフライド、アシュレイ・ジャッドなど、キャスト217人が発表されたものの、内容はいまだ謎に包まれている。

今回WOWOWでの放送決定を受け、デビッド・リンチは「『ツイン・ピークス』が世界中でこれほどまでに成功を収めたことはうれしい驚きだった。WOWOWの存在は知っており、日本の皆さんに『ツイン・ピークス』の世界への新たな旅を楽しんでもらいたいと心から願っているよ」とコメントしている。