12日、中国海南省ダン州市商務局の局長がこのほど、「職責を果たさず同局のホームページを長期間更新しなかった」として処分を受けていたことが分かった。情報公開責任の未履行で関係者の責任が追求されるのは今回が初めてだという。資料写真。

写真拡大

2017年2月12日、中国海南省ダン州市(ダンは人偏に「擔」のつくり)商務局の董海峰(ドン・ハイフォン)局長がこのほど、「職責を果たさず同局のホームページを長期間更新しなかった」として、「過失記録」の行政処分と党内警告の処分を受けていたことが分かった。情報公開責任の未履行で関係者の責任が追求されるのは今回が初めてだという。中国中央テレビのニュースサイトが伝えた。

ダン州市商務局のホームページは昨年11月、トップページが長期間更新されていないとして、国務院弁公庁秘書局により不合格政府サイトとして通報された。これを受け、海南省の劉賜貴(リウ・ツーグイ)省長は厳正な処分を指示していた。

海南省政府弁公庁信息公開処の王正傑(ワン・ジョンジエ)処長によると、ダン州市商務局長に対する過失記録処分は「政府情報公開条例」に、党内警告処分は党内の関連条例にそれぞれ基づくものだという。

ダン州市商務局のホームページはすでに閉鎖され、関連コンテンツは海南省政府のポータルサイト内に移されている。(翻訳・編集/柳川)