「紙博」東京・台東区で - 素材、雑貨、作品としての“紙”が集合

写真拡大

手紙社が、紙にまつわる博覧会「紙博」を東京都台東区「東京都立産業貿易センター台東館」にて、2017年4月15日(土)から2017年4月16日(日)の2日間開催する。

世界中の活版印刷の会社や文房具メーカー、イラストレーターなどが出店する「紙博」では、“素材”としての紙、“雑貨”としての紙、“作品”としての紙など様々な姿の「紙」が集合。

日常の”ちょっと”した瞬間に彩を添えてくれるペーパーラッピングブランド「Chotto」、ペーパーバッグのデザインをはじめ、タグやシール、スタンプなど可愛すぎないユニセックスなアイテムを展開する「KNOOP WORKS」。シンプルで温かみのあるイラストレーションが特徴のポストカードメーカー「プロペラスタジオ」など、その他にも様々な紙の魅力に触れることができる全49店舗が出店する。

【詳細】
紙博
開催日時:2017年4月15日(土)10:30〜17:00、4月16日(日)10:00〜16:00
入場料:500円(小学生以下無料)
開催場所:東京都立産業貿易センター台東館
住所:東京都台東区花川戸2-6-5
参加ブランド例:Chotto、KNOOP WORKS、プロペラスタジオ、ATELIER.encle d'encle、mt、ハサミっ子、Rifle Paper Co. など


[写真付きで読む]「紙博」東京・台東区で - 素材、雑貨、作品としての“紙”が集合

外部サイト

  • 一点物の日傘ブランド「コシラエル」のビジュアルブック『かさ』 製作背景やエッセイも
  • エルメス メンズ期間限定ブティックが伊勢丹新宿店に、タイ・ダイの限定シルクシャツやブレスレット
  • COS(コス)銀座店がマロニエ通りにオープン - 日本国内3号店