アイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」が日本勢一番乗りとなる平昌(ピョンチャン)五輪の出場権を獲得した。そのスマイルジャパンの守護神として、ゴールを守り抜いたのが藤本那菜だ。約1年前、スポルティーバは藤本にインタビューを行ない、彼女の素顔と平昌五輪への思いについて聞いていた。藤本がどんな決意で五輪最終予選に挑んでいたのか、あらためて紹介したい――。

藤本那菜選手のフォトギャラリーはこちら>>>


NWHLニューヨーク・リベターズでプレーする藤本那菜【web Sportiva 2016年1月掲載の再録】

 2015年10月に産声を上げた、世界初の女子アイスホッケープロリーグ『NWHL(National Women’s Hockey League)』。この新リーグで、ひとりの日本人選手がプレーしている。アイスホッケー女子日本代表、通称”スマイルジャパン”の一員でもある、GK藤本那菜(ニューヨーク・リベターズ)だ。彼女が新リーグでプレーするに至った経緯とは。そして彼女が目指す場所とは――。

―― いきなりですが、「AKB48の小嶋陽菜さんに似ている」と言われませんか?

藤本那菜(以下:藤本) いえいえいえいえ。もしかして、ちょされてますか?

―― ちょされてる? 方言ですか?

藤本 すみません、北海道弁ですね(笑)。「からかってますか?」って意味です。

―― いえいえ。ではさっそく、藤本選手の経歴からお聞きしたいのですが、競技を始めたのは小学校1年なんですね。

藤本 はい。父がアイスホッケーを子どものころにやりたかったけど、できなかったらしくて。「自分の子どもには絶対にやらせたい!」と思ったようです。なので、いつの間にかリンクの上にいたというか、気づいたらアイスホッケーを始めていました。

―― そこから、メキメキと頭角を現していった。

藤本 それが私、運動神経が全然なくて……。サッカーをすれば、ボールを踏んでコケる。ドッジボールをすれば、ボールを顔面でキャッチする、という(笑)。アイスホッケーも残念ながら壊滅的に才能がなくて。小学生時代は男女混合で、AリーグとBリーグにレベル分けがされていたんです。だいたい4年生になるとAリーグに昇格するんですが、私は4年生になってもBリーグのまま。キーパー以外のすべてのポジションをやったんですけど、どこをやってもかんばしくなくて……。すると、ちょうど5年生になったとき、チームにキーパーがいなくなったんです。キーパーがいないと試合ができないので、私がキーパーになったという流れで(笑)。さすがに父も、キーパーでも芽が出なかったらアイスホッケーをやめさせようと思っていたらしいですね(笑)。


―― 最後の最後のポジション、キーパーが藤本選手に合っていた?

藤本 どうでしょう。ただ、父が常に、「やるならば一番を目指せ!」という考えの人で、独学でキーパーの基本やスキルを勉強して、私に教えてくれたんです。父に教わったことが、私の土台になっています。あとは、キーパーが合っていたというより、普通の人より上手じゃない分、人一倍努力をしようと練習を積み重ねたのが、今の自分を作っているんじゃないかなって。自分自身も、ここまで来るとは思ってなかったですけど(笑)。

―― その後、高校3年で日本代表デビューを果たすも、一時は代表を辞退していましたよね。

藤本 そうですね。若かったというか、歩む道を自分で決めたかったというか……。キーパーはひとつのミスが直接失点につながり、勝敗を左右するほど重要なポジションなので、曖昧な気持ち、中途半端な気持ちでプレーするのは周りの選手に失礼だと思い、代表には入るべきではないなって。

―― では、代表復帰を決めたのは?

藤本 バンクーバー五輪予選のときに一緒にプレーしたチームメイトや監督から、「もう一度、目指してみないか」って声をかけていただき、ソチ五輪予選の半年前の合宿に参加したんです。そうしたら、楽しかったんですね。このチームでプレーできたら楽しいだろうなって思いました。

―― しかし、ソチ五輪でスマイルジャパンは5戦全敗に終わってしまいました。

藤本 独特の雰囲気に飲まれたこともあり、悔しかったですね。ただ、決勝戦後のメダル授与式を会場で見ていたら、「やっぱりメダルが欲しいな」って思ったんです。

―― なるほど。

藤本 「メダルは厳しい」と言われていたスイスが銅メダルを獲り、大会MVPに選ばれたのもスイスのキーパーでした。キーパーが全部抑えれば、チームは負けない……。それを再確認しました。


―― その後、2015年の世界選手権でベストGKを受賞。その実績から新プロリーグNWHLからオファーが届いたと聞いています。NWHLに挑戦を決めた理由は?

藤本 ソチ五輪後、海外でプレーすることは視野に入れていたんですが、「とにかく行けばいい」わけではなくて、「成長できる」という確信が欲しかったんです。NWHLは現在の世界トップを争うアメリカなどの代表選手が各チームに所属しています。一緒にプレーしてそのシュートを止められたら、日本代表でプレーしているときも止められるようになるんじゃないかなって。五輪でメダルという目標に一歩近づけると思ったんです。

―― 現在、8試合を終えた時点(2015年12月24日現在)で、所属するニューヨーク・リベターズは4チーム中3位と苦戦していますが、藤本選手のセーブ率は92.8%でリーグ2位です。世界に通用し、そして成長できているという実感は?

藤本 今までやってきたプレーや持っているもので、ある程度は通用するんだなとは思いました。でも、随所にクリアにしなければいけない課題も見つかっています。

―― 具体的には?

藤本 私の強みは基本に忠実というか、運動神経に頼ってアクロバティックなプレーでシュートを取るのではなく、とにかく基本、基本、基本、まあ地味なプレーです(笑)。世界トップレベルの試合でパワー、スピード、テクニックの基本を徹底するためには、より正確なポジショニング、そのためのスケーティング技術の向上が必要だと思いました。私は海外の選手と比べる身長も小さい(163センチ)ので、より多く、より速く動く必要があるんです。理想は、大きい選手よりもポジションをうまく取り、ゴールの隙間をいかに埋めるかなので、体格の大きい選手よりスキルも体力も倍くらい必要と考えていて。そのためには、向上させなければいけないことだらけです(笑)。


―― ご自身では「能力もセンスも人並み以下」だとおっしゃいますが、藤本選手が世界のトップリーグで活躍できているのは、どんな能力が人並み以上だからでしょうか?

藤本 う〜〜〜ん……。「もともと運動はあまり得意ではない」というところから始まっているので、足りない部分を補うために努力をする才能はあったのかなって思います。「努力を惜しまない才能」というか。天才肌ではないので、自分に不足しているものを見つけ、「地味なことをコツコツと継続できる力」というか。

―― アメリカでの生活についてもお聞きしたいのですが、住んでいる場所は?

藤本 ニューヨークのロッカウェイという場所に、チームメイトと4人暮らしをしています。ふたりはアメリカ人選手で、ひとりはロシア人選手ですね。

―― 1週間のスケジュールは、どんな感じですか?

藤本 基本的に日曜日が試合で、月曜日はオフ。火曜日から土曜日までは陸上練習があって(火曜日と木曜日は氷上での自主練習後に陸上トレーニング)、氷上でのチーム練習は水曜日と金曜日の午後10時から。氷上練習は1時間ちょっとなんですけど、練習後はフリー時間なので、私は製氷が入るギリギリまで残って、ルームメイトにシュートを打ってもらっています。

―― オフの日は、どんな過ごし方を?

藤本 自炊生活なので、基本は買い物をしたり、ですね。食事は、私が作ってみんなで食べることも多くて。日本食、みんなけっこう好きなんですよ。特に味噌味。味噌汁はみんな好きですし、味噌煮込みとかも好評です。

―― アイスホッケーも、それ以外の生活も充実していそうですね。

藤本 楽しいですね。日本では経験できないことを経験しているなって実感があります。もちろん、自分のプレーに対して満足することはいつまでもなくて、キーパーというポジション柄もあると思うんですが、これからも、反省して、修正して、反省して、修正しての繰り返しかなって思います。

―― 気は早いですが2018年、平昌五輪でその首にメダルをかけることはできるでしょうか?

藤本 かけられると信じています。先日、日本代表として久しぶりにプレーしましたけど、みんなも成長していました。このまま成長を継続していけば、目標に届くと思います。

―― そのとき、首にかけているのは何色のメダルでしょう?

藤本 もちろん、金メダルです。そう信じて、目標として努力したいと思います。父に反発した時期もありましたけど、「やるならば一番を目指せ!」っていう教えは、いつの間にか刷り込まれていたのかな(笑)。


photo by Sano Miki【Profile】
藤本那菜(ふじもと・なな)
1989年3月3日生まれ、北海道札幌市出身。デンソー北海道所属。6歳よりアイスホッケーを始め、2007年に女子日本代表に初選出され、バンクーバー五輪予選などに出場する。学業を優先して一時代表を離れるも、2012年に復帰。2014年のソチ五輪には全試合出場を果たした。2015年の世界選手権ではセーブ率93.75%を記録してベストGKを受賞。同年7月、世界初の女子プロリーグNWHLのトライアウトに合格し、ニューヨーク・リベターズと契約。日本人初のNWHL選手となる。

取材協力/ブームアップ

■冬季競技 記事一覧>>