写真を撮っているわけではなく成分分析中です © Photo Fraunhofer IFF

写真拡大

スマートフォン(スマホ)のカメラとディスプレーをかざすだけで、対象物の中身や成分がわかる解析アプリ「HawkSpex mobile」を開発したと、独フラウンホーファー研究機構の研究者らが発表した。

非常に単純な仕組みのため、複雑な成分分析はできないが、リンゴに残留農薬が含まれているか、コーヒーにどの程度のカフェインが含まれているか、といったレベルの分析にはすでに成功している。

特別なカメラや道具は必要なし

通常、成分分析ではハイパースペクトルカメラと呼ばれる特殊な機器を使い、さまざまな波長の光を物に当て、反射してくる光の強さなどをもとに対象物に存在する成分を調べている。

スマホにはそのような高性能なカメラは搭載されていないが、「HawkSpex mobile」はスマホのディスプレー(タッチパネルの部分)が特定の波長の光で発光するように調節し、その反射をスマホに搭載されたカメラを通して読み取り、簡易的なハイパースペクトルカメラのように機能させることができる。

同研究所の報道発表では、現在アプリによる物体の測定結果を最終確認しており、2017年度末には一般販売する予定としている。