世界中に中毒者を生んだ伝説のドラマが再び!
 - (C) 2016 Showtime. All Rights Reserved.

写真拡大

 1990年代に空前のブームとなったテレビシリーズ「ツイン・ピークス」の25年ぶり新シーズンが今夏WOWOWにて独占放送される。旧シーズンの最終回から25年後の世界を描く物語で、前作と同様、シリーズの生みの親であるデヴィッド・リンチも演出を担当。旧シーズンでFBI捜査官デイル・クーパーを演じたカイル・マクラクランらおなじみのキャストのほか、アマンダ・セイフライド、アシュレイ・ジャッドら217人のキャストが発表されている。

 アメリカでは現地時間5月21日よりケーブル局Showtimeで放送される新シーズン。日本での放送決定に、リンチ監督は「『ツイン・ピークス』が世界中でこれほどまでに成功をおさめたことは嬉しい驚きだった。WOWOWの存在は知っており、日本の皆さんが『ツイン・ピークス』の世界への新たな旅を楽しんでもらいたいと心から願っているよ」とコメントを寄せた。

 「ツイン・ピークス」は『イレイザーヘッド』(1976)、『エレファント・マン』(1980)などの異色作を生んできたリンチ監督が手掛けた初のテレビシリーズで、1989年にパイロット版が製作されたのち1990年〜1991年に全米ABCネットワークで初放送。カナダの国境に近い田舎町ツイン・ピークスで、とある高校の美少女ローラ・パーマー(シェリル・リー)が殺害され、FBI捜査官デイル・クーパー(カイル・マクラクラン)、地元保安官ハリー(マイケル・オントキーン)らが捜査する中で、町の腐敗した人間関係が暴かれていくミステリー。シェリリン・フェン、ララ・フリン・ボイル、ジョアン・チェンら美人女優のほか、『ウエスト・サイド物語』(1961)のリチャード・ベイマー、ラス・タンブリンらスター俳優が名を連ねた。奇妙なキャラクターや土地の特徴を生かした恐ろしくも美しい世界観、ロケ地も含め空前のブームとなり、日本では1991年より放送。前日譚を描く映画『ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間』(1992)も制作された。(編集部・石井百合子)

新作「ツイン・ピークス」は今夏よりWOWOWプライムにて独占放送