甘い?時代のせい?NHKの「見えない貧困」特集に賛否

写真拡大 (全5枚)

子どもの「見えない貧困」に注目が集まっている。

NHKが「見えない貧困」特集

NHKは12日、子どもの貧困についての特集「見えない貧困〜未来を奪われる子供たち〜」を放送。

子ども達が直面している見えない貧困を、実態ルポやデータ解析で可視化。見えない貧困の現状と、自治体などの対策を報じた。

6人に1人が相対的貧困

日本では子供の相対的貧困率が1990年代半ばから上昇傾向にあり、現在はおよそ子どもの6人に1人が相対的貧困状態にある。

「内閣府」資料

相対的貧困とは、最低限必要とされる食料等が購入できないような絶対的貧困ではないが、地域社会の大多数より貧しい状態のこと。

日本では経済的理由で就学援助を受けている小・中学生の割合も増え続けており、2015年度は過去最高の15.64%になった。

ひとり親世帯は半数超が貧困

特に、ひとり親世帯の相対的貧困率は深刻で、2012年時点で54.6%と半数超が相対的な貧困状態。

「国立社会保障・人口問題研究所」資料

OECD加盟国34ヶ国中、最も高い貧困率となっている。

見た目では「貧困」が見えにくい世の中に

NHKは特集で、6人に1人の子どもが相対的貧困状態にあるが、ファストファッションや格安スマホなどの物質的粉飾や、家計を支える学生バイト、本人が貧困を隠すなどの理由で子供の貧困が見えにくくなっていると指摘。

子どもの貧困は進学率の低迷や社会保障費の増大などを引き起こし、将来的に40兆円の社会損失を引き起こすという試算も報じた。

ネット上には「甘すぎる」という声も

相対的貧困状態に子ども達が直面しているというNHKの「見えない貧困」特集はネット上で話題となっており、反響が殺到。

「かわいそうとしか言えない…」「パートで生活できる社会を」など、日本の現状を嘆く声もあるが。

一方で、こんな意見も。

賛否両論、さまざまな反響が投稿されている。

貧困の連鎖が問題に

ネット上には「甘すぎる」「昔は貧困なんて当たり前だった」という声も多いが、家計の年収が減少傾向にあるのに対して教育費は高止まりに。

「文部科学省」資料

授業料など以外にも、指定の制服やカバン代などさまざまな費用が発生し家計の重荷に。

「内閣府」資料

親の経済状況が進路格差につながっているという調査結果もあり、貧困の連鎖が問題となっている。