写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の清水富美加(22)が宗教法人「幸福の科学」に出家して芸能界を引退すると発表したことを受け、同事務所の先輩でもあるタレント・ユージが13日、TBS系情報番組『ゴゴスマ〜GO GO!Smile!〜』(毎週月〜金13:55〜)で清水の主張に反論し、メッセージを送った。

ユージは清水と同じレプロエンタテインメントに所属。以前から面識があり、清水が2008年にグッドキャラクター賞を受賞して芸能界デビューを飾った「レプロガールズオーディション」の会場にもいたという。

今回の発表を受け、「憧れてると言ってくれました」と懐かしみ、「キャラクターが本当に良い。変に自分を作ったりとかそんなところがなくて、人を楽しませようとしたりとか、人の笑顔を引き出すすごい才能を持っている人だと感じました」とその魅力を語るユージ。

「どこに行こうと彼女の自由。彼女の気持ちを尊重したい」とした上で、「事務所にいてそんなにつらい思いをしていたことに僕自身気づかなかった。大変申し訳ない」と謝罪の言葉も述べた。

一方で、「ただ、こういった報告が一方的すぎるという印象もあります」「そんなに悩んでいたのであれば、誰かにちゃんと相談していれば」と苦言も。「事務所の人間、全員知っています。そんなに冷たい人いたかな。彼女だけに冷たくしていたのかな」と疑問を投げかけた。

さらに、水着の仕事を強制的にさせられたと主張していることについては、「嫌だと言えば、確実に対応策は考えてくれます」と事務所側を擁護する。「おそらく、彼女は嫌だと思ったんだけど、うまく嫌だという気持ちを伝えられなくてプレッシャーに感じて仕方なく受けた部分があったのかもしれない」と清水の心中も思いやった。

2011年ごろの月給が5万円だったという主張も話題になっている。これには「安いのは認めます」と同情しつつ、「うちの事務所に限らず、入ったばかりのこれからどうなるか分からない子にいきなり大量のお金を払う事務所はない。会社でも」と冷静に指摘する。

「年契約なので大ブレイクして反映されるのは次の年」「給料が安いことだけが広まって、『ユージがいる事務所は最低だ』『ひどすぎる』と言われてるけど、彼女が最後にもらっていた額もどうせだったら発表してほしかった」と求め、「給料制なので、給料がバンっと変わらなくても、その月に見合った額を渡さないといけなくなったらボーナスという形で支給されている」と訴えていた。

最後にユージは「彼女の好きな道を選んでもらって構わないけど、それに伴ってたくさんの人たちが大変な思いをした」「彼女の二人三脚でやってきてマネージャーがいるんですけど、その人にだけでも連絡してあげてほしい。自分がつらいから逃げますと言ったことに対して、その責任を負わされるマネージャーが一人では重すぎる」「(マネージャーの)傷も相当大きい」と先輩の立場から後輩に向けてメッセージを送っていた。