10年片思い相手の彼が、ホテルの前で発した衝撃の一言とは…

写真拡大

 片思いって切ないですよね。思っても報われないこのつらさ…。

 そんな片思いの相手にとことん失恋しきった経験談をご紹介します。

◆思いに思い続けて10年

「10年片思いしてた相手だったんですよ。だからこそ、あの瞬間は本当に辛かった」

 そう言って、片思いお別れエピソードを語ってくれたのは、現在はライターとして活動している佐藤真奈美さん(仮名)。

 相手は高校時代の部活の先輩だったMさん。同じ大学に進学してまで何度も告白し続けるも、答えはかたくなに「NO」。なんで私じゃダメなの? と苦しみながら実に10年間片思いをしていたといいます。

「その間、彼氏を作ったりもしてましたから、厳密な片思いとは違うんですけどね。それでもずっと好きは好きでした。社会人になっても部活のOB会で年に何回かは顔を合わせていましたし。そのたびに、ああ好きだなって再確認しちゃう感じでした」

◆ホテル街の方に歩き始めた彼は…

 真奈美さんにとってMさんの立ち位置は、さしずめ彼氏がいても忘れられない初恋の相手といったところだったのでしょう。永遠にこのままの関係が続くのだろうとすら思っていた2年前の夏、Mさんとの別れは突然訪れました。

「恒例の部活のOB会がありまして、そこで久しぶりにMさんと呑みました。その日は珍しく2次会に行く人が誰もいなくて、早い時間から2人きりに。すごく幸せで、このまま時間が止まって欲しいなんて思っちゃいましたね」

 気が付くと時間は終電間近。しかし、あえて時計を見ないふりをして終電が終わったタイミングで「もう帰れないんですけど」とMさんに告げたとか。

 すると、Mさんは真奈美さんの手を取り、そのままホテル街の方へ歩き始めました。

「あ、これで想いを遂げられるって思いました。なんていうか……もうその頃にはMさんと付き合いたいって気持ちはなくて。ただ、思い出が欲しかったんですよね。抱かれたっていう記憶が。

 なんかドラマのワンシーンみたいだなーと思いながら、ずっと彼に手を引かれて歩いていました。そうこうしてるうちに、とあるホテルの前で足が止まりました」

 このホテルに入るんだ……Mさんに抱かれるんだ……! その瞬間、武者震いするほどの期待に満ち溢れていた真奈美さん。しかし、彼女はあっという間に幸福の絶頂から奈落の底に突き落とされます。

「Mさんが突然『ごめん、やっぱり君とはこういうことをしちゃいけない!』と言って、そのまま走り去ってしまったんです。ホテルの前で私は茫然(ぼうぜん)。ああ、完璧にフラれたんだなぁと実感して、私はその場にへたりこんで号泣しました」

◆転んでもただでは起きない!男友達を呼び出して…

 Mさんがなぜ、突然去ってしまったのか…今になっても全くわからないといいます。何故なら、それ以降Mさんは真奈美さんの前に姿を現していないから。

 電話も着信拒否され、OB会へは永久に不参加になると他のメンバーへ連絡があったそうです。

「あの日あの時の絶望感ったらなかったですよ。本当に辛かった。これが私の10年の片思いの結末です」

 ここまで聞くと、そこそこピュアな美談のように聞こえるかもしれません。しかし、この話には続きがあるのです。

 ひとしきり号泣して頭がクリアになった真奈美さんは、近くに住んでいる男友達をそこに呼び出し、なんとMさんと入るはずだったホテルで激しくエッチをしたのだとか! その後、男友達は恋人に昇格。現在婚約中で来月には入籍するそうです。

「失恋の特効薬は次の男ってよく聞きますけど、まさかの30分後ですよ。次の恋が生まれたのは! それから、すっかりMさんへの未練はなくなりましたね。キレイさっぱり。Mさんに抱いてもらえなかった悔しさで、腹いせに他の男を呼び出しただけでしたけど、結果としてはもう万々歳です!」

 ピュアな片思い失恋話が一気に安っぽくなったような……。そして、真奈美さんはこの切り替えの早さをもっと前に発揮していれば、10年も片思いせずに済んだように思うのですが。

―男女「お別れ」の泣き笑い【4】―

<TEXT/もちづき千代子>