写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイバートラストは2月13日、シングルドメイン用のSSL/TLS証明書である「DigiCert EV SSL Plus 証明書」および「DigiCert SSL Plus 証明書」の提供を開始すると発表した。

同社では、すでに「DigiCert EV Multi-Domain 証明書」「DigiCert Multi-Domain 証明書」「DigiCert Wildcard Plus 証明書」などを提供しているが、今回、シングルドメイン用の、より厳格な企業認証SSL/TLS証明書「DigiCert EV SSL Plus 証明書」と、シングルドメイン用の企業認証SSL/TLS証明書「DigiCert SSL Plus 証明書」を提供する。

「DigiCert EV SSL Plus 証明書」は、EV(Extended Validation)認証方式のサーバライセンスで、年額5万4600円から。「DigiCert SSL Plus 証明書」は、OV(Organization Validation:企業認証)認証方式のサーバライセンスで、年額5万4600円から。(いずれも税別)

また、同時にDigiCert SSL/TLS 証明書のRA(登録局)を日本国内に開設したと発表。これにより顧客は、DigiCert SSL/TLS証明書の申請や設定などのプロセスにおいて、サイバートラストによる、日本語でのきめ細やかなサポートを受けることが可能になった。

さらに、DigiCert SSL/TLS証明書の申請・管理を利用する専用サイトとして、「Cert Station」をオープン。顧客は、オンライン上でSSL/TLS証明書の申請や管理を行えるようになる。

(山本明日美)