12日、チェジュ航空が3月からの運航を予定している福島行きの不定期航路で乗務員らが搭乗業務を拒否し、会社側との摩擦が生じていると複数の現地メディアが伝えた。写真は韓国・仁川国際空港。

写真拡大

2017年2月12日、韓国の格安航空会社(LCC)チェジュ航空が3月からの運航を予定している福島行きの不定期航路で乗務員らが搭乗業務を拒否し、会社側との摩擦が生じていると複数の現地メディアが伝えた。

同社はこのほど、3月18・20日の2回にわたり韓国・仁川(インチョン)と福島を往復するチャーター便の運航を決定した。しかし乗務員らは放射能への懸念から搭乗を拒否する姿勢を示し、問題となっていた。社側は該当地域の放射能が低い数値であることなどをまとめた資料を提示、乗務員らの説得を試みるも同意が得られなかったため、一方的に搭乗する乗務員を選抜・通告したという。

会社側の一方的な決定に、搭乗通告を受けた乗務員らは運航予定日である来月18日と20日に休暇をとるなど集団反発を起こしている。

韓国と福島を結ぶ航路では、アシアナ航空が1999年から2011年にかけて定期便を運航してきたが、11年の福島第一原発事故を受けて定期便の運航を中止、13年まで不定期便を運航していた。

韓国のネット上などでは、原発事故の影響から福島や日本の放射能汚染を懸念する声が今もたびたび上がる。そのため今回のニュースに、ネットユーザーからは「金のためならなんでもするんだね」「(チェジュ航空を運営する)愛敬(エギョン)グループにとっては人は物なの?」と運営会社を批判するコメントや、「決定した上層部が行ってください」「不定期便なんだから役員が搭乗すれば?」と代案を提案するコメント、「今後チェジュ航空は利用しない」「不買運動だ」と人々に呼び掛けるコメントが多く寄せられている。

その他にも、「MERS(中東呼吸器症候群)の時も大騒ぎしたけど、安全不感症がひどい」「親日政府だから福島への運航を許可したんだろう。これが国と言える?」など国を批判するコメントも寄せられた。(翻訳・編集/松村)