シボレーコルベット次期型「C8」、及びそのハイパフォーマー「ZR1」次期型が、豪雪のスカンジナビアで同時テストを開始しました。

1

コルベット次期型「C8」は、伝統のFRレイアウトを捨て、史上初のミッドシップへ進化する可能性が高いようです。

今回の鮮明な画像により、短いフロントノーズ、伸びた後部、リアフェンダーのエアダクトが確認できます。

パワートレインは7速デュアルクラッチミッションと組み合わされる新開発の6リットルV型8気筒エンジンが搭載され、最高馬力は500ps以上が期待出来そうです。

一方、巨大なリアウィングが目を引く、ハイパフォーマンスモデル「ZR1」は、コルベット史上最強の6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高馬力は710psを発揮すると共に、0-100km/h加速は2.8秒とも伝えられています。

「C8」のワールドプレミアは2018年1月のデトロイトモーターショーが有力です。

(APOLLO)

シボレー最強2トップ、コルベット「C8」&「ZR1」次期型が揃い踏み!(http://clicccar.com/2017/02/13/443978/)