写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本グループの鉄道会館はこのほど、「グランスタ丸の内」「グランスタ」第2期21店舗の開業日が4月27日に決定したことを、店舗ラインアップとあわせて発表した。

同社は2016年夏から2017年夏にかけて、JR東京駅丸の内地下エリアにて、店舗面積約3,600平方メートルの新たな商業空間を開業。改札内は「グランスタ」新エリアとして、改札外は新施設「グランスタ丸の内」として順次進めている。今回は、2016年7月27日の第1期23店舗の開業に続く、第2期21店舗の開業日が4月27日に決定した。

東京駅初となる大型の「雑貨・コスメ」エリアとして誕生した第1期開業に続く第2期開業では、メインとなるファッション雑貨に加え、本格的なカウンターバーを備えたワイン専門店や、改札の内外から利用可能なカフェのほか、ヘアカット、マッサージなどが展開し、東京駅利用者や、東京駅周辺の開発により増加が予定されている周辺就業者のデイリーニーズへの対応をさらに強化するという。

「雑貨」では、エキナカ初出店となる、旅するように毎日を過ごせるオリジナルグッズを展開する「トラベラーズカンパニー」のフラッグシップショップ「TRAVELER'S FACTORY STATION(トラベラーズファクトリー ステーション)」や、スウェーデン・ストックホルム生まれのソックス・アンダーウェアブランド「Happy Socks(ハッピーソックス)」)が登場。いずれも出店エリアは改札外「グランスタ丸の内」となる。

「コスメ・フード」には、エキナカ初出店のビューティーコンビニエンスストア「Biople by cosmekitchen(ビープル バイ コスメキッチン)」(出店エリア:改札外「グランスタ丸の内」)や、ビューティーセレクトショップ「Fruit GATHERING(フルーツギャザリング)」(出店エリア:改札内「グランスタ」)と、「a cup of idea(一杯のアイデア)」をブランドコンセプトとしたカフェ「5CROSSTIES COFFEE(ファイブクロスティーズコーヒー)」(出店エリア:改札外「グランスタ丸の内」)が出店。いずれも東京駅初出店となる

その他、世界各国の高品質なワインを常時600種類以上ラインアップし、本格的なバーカウンター「ランデヴー」も設置した「ワインショップ・エノテカ」(出店エリア:改札外「グランスタ丸の内」)も登場。

所在地は、東京都千代田区丸の内・R東日本東京駅地下1階改札内外。店舗数は、「グランスタ丸の内」:17店舗、「グランスタ」新エリア:4店舗の、計21店舗。店舗業種は、雑貨・コスメ・カフェ・サービスなど。開業日は4月27日。

第2期開業以降は、6月下旬に第3期開業として東京駅構内最大級の店舗となる「イータリー」をはじめ、4店舗がオープン予定。8月下旬には第4期開業として7店舗のオープンを予定しており、全4期の開業をもって合計55店舗からなる「グランスタ丸の内」・「グランスタ」新エリアのグランドオープンとなる。

(エボル)