日本メディアが紹介した「次世代韓流スター」リストに注目

写真拡大

昨年12月のチョン・イルから始まり、今年チャン・グンソク、イ・ミンホ、キム・スヒョンなど、人気韓流スターたちの軍入隊を控えている中、日本メディア「NEWSポストセブン」が彼らの空白を埋める次世代スターを取り上げ、注目を集めている。

「NEWSポストセブン」は最新号で、韓国国内での国政ろう断事態はドラマよりドラマチックに展開されているが、ドラマの中では正義と愛、夢は変わることなく描かれており、新旧のイケメンスターたちが激戦を繰り広げていると伝えた。

続いて昨年に引き続き、今年も韓国の芸能界は入隊ラッシュが続いているとし、チョン・イルに続いてチャン・グンソク、イ・ミンホ、キム・スヒョンなどが軍入隊を控えていると説明した。

「NEWSポストセブン」は彼らの空白を埋めるための韓流スターとして、人気ドラマ「雲が描いた月明り」に出演したパク・ボゴムとB1A4のジニョン、「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」のソ・ガンジュンとナム・ジュヒョク、「気分の良い日」のVIXXのホンビンらを取り上げた。

また「太陽の末裔」のソン・ジュンギならびに、来月日本で放送スタートされるtvNドラマ「鬼」のコン・ユ、神話(SHINHWA) のエリックらの活躍にも注目すべきだと付け加えた。

最後に、韓国で2006年からケーブル放送局が続々と誕生し、今まで地上波では見られなかった大胆な発想と演出が加えられた優秀な作品がたくさん制作されていると強調した。

ジャンルもミステリーやメディカル、犯罪物など多様に増えて行き、韓国での放送から日本でのDVD発売までの周期がますます短くなっていると「NEWSポストセブン」は伝えた。