これまでTidalのみで配信されていた故プリンスの楽曲が、Apple Musicを含む全ての主要音楽配信サービスで配信開始されました。

Apple MusicやSpotifyでプリンスの楽曲が視聴可能に

先日プリンスの楽曲が、第59回グラミー賞授賞式が行なわれる現地時間2月12日から、Apple Musicを含む主要ストリーミング音楽配信サービスで聴けるようになるとお伝えしましたが、Warner Brothers Recordsが授賞式開始に先立ち、同社が所有する「パープル・レイン」などの楽曲を、全ての主要音楽配信サービス上で公開しました。
 
当初は一部のサービスでのみ配信されるとの噂も流れていましたが、Apple Music、Spotifyを含む主要な音楽配信サービスすべてで視聴可能となっています。
 
ただし今回公開されたのはWarner Brothers Recordsが所有するプリンスの楽曲のみであり、ほかのレーベルのプリンスの曲は含まれていません。

Tidalの独占配信権巡り、訴訟に発展

プリンスは生前、自分の楽曲を音楽配信サービスで公開することに否定的で、ラッパーで実業家でもあるジェイZが運営するTidalとのみ、配信契約を結んでいました。しかし音楽配信権について遺書を残さずに亡くなったため、プリンスの楽曲を管理する遺産管理人とTidalとの間で同権利を巡る問題は、訴訟にまで発展していました。
 
 
Source:Bloomberg via 9to5Mac
Photo:iTunes
(lunatic)