2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリー・スウェーデンが2月9日から12日、スウェーデンのトルスビューを中心に開催され、TOTOYA GAZOO RACINGのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が総合優勝。TOYOTA GAZOO Racing WRT(ワールド ラリー チーム)に初優勝をもたらしました。

1

Day1 初日のSS1でTOYOTA復帰初のトップタイムを刻み、総合首位に立ちます。

Day2 SS2でヒュンダイのティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー組に首位を譲るも、以降もラトバラは3位以下に順位を落とす事無く、2位をキープ。ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組はSS5でクラッシュ、冷却系に損傷を抱えた為にデイリタイアを選択。修理を行い、Day3より再出走となります。

Day3、ラトバラ以下の後続を引き離しつつあったヌービルが最終SSでクラッシュ。2位を堅持していたラトバラは、最終日を前に首位に返り咲きます。

Day4 。残る3本のSSをラトバラは全てトップタイムで駆け抜け、自身のWRC17勝目とともにトヨタに18年ぶりのWRC総合優勝をもたらしました。

これでラトバラはドライバーズ選手権ランキングのトップに立つことに。

チームメイトのユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組はDay3再出走後に総合23位迄挽回し、完走を果たしました。

なお、同ラリーのWRC2クラスに参戦した新井大輝と勝田貴元は各々総合19位、22位で完走しています。

ラリースウェーデン最終結果
順位 Car No Driver/Co-driver Team GroupClass
1. 10 J.ラトバラ/M.アンティラ Toyota Gazoo Racing WRT(M) RC1
2.  2 O.タナク/M.ヤルヴェオヤ M-Sport World Rally Team(M) RC1
3.  1 S.オジェ/J.イングラシア M-Sport World Rally Team(M) RC1
4.  6 D.ソルド/M.マルティ Hyundai Motorsport(M) RC1
5.  8 C.ブリーン/S.マーティン Citroen Total Abu Dhabi WRT(M) RC1
6.  3 E.エバンス/D.バリット M-Sport World Rally Team(M) RC1
7.  4 H.パッドン/J.ケナード Hyundai Motorsport(M) RC1
8. 15 S.ルフェーブル/G.モロー Citroen Total Abu Dhabi WRT RC1

13. 5 T.ヌービル/N.ジルソー Hyundai Motorsport(M) RC1
19. 44 H.アライ/G.マクニール Tommi Makinen Racing RC2
22. 43 T.カツタ/M.サルミネン Tommi Makinen Racing RC2
23. 11 J.ハンニネン/K.リンドストローム Toyota Gazoo Racing WRT(M)  RC1
※チーム名の後ろの(M)はマニュファクチャラーチームの意味

第3戦ラリー・メキシコは3月9日から12日、メキシコ第5の都市レオンを中心に開催されます。シーズン最初のグラベルラリーで最も高地開催のラリーで、ホストタウンの標高は1815m。高度が2800mにもなるステージもあります。高地では空気中の酸素量が少なく、エンジンがパワーダウンする為、他所とは大きく異なるセッティング=チーム力が試されることとなります。
目指した目標とはいえ、想像以上に早く辿り着いた初優勝。次戦はGAZOO RACING WRTにとって、真価の問われる一戦となるでしょう。

(川崎BASE)

トヨタに18年ぶりのWRC総合優勝! ヤリス、復帰2戦目のラリースウェーデンで勝利!!(http://clicccar.com/2017/02/13/444728/)