日中両国で毎年実施されている世論調査の結果を見ると、日中両国民の相手国に対する感情は決して良好ではないことが読み取れる。だが、毎年数多くの中国人旅行客が日本を訪れており、その数は増加の一途を辿っている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日中両国で毎年実施されている世論調査の結果を見ると、日中両国民の相手国に対する感情は決して良好ではないことが読み取れる。だが、毎年数多くの中国人旅行客が日本を訪れており、その数は増加の一途を辿っている。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国国内における日本旅行ブームは冷めるどころか、加熱し続けており、日本で大量の消費を行っていると紹介しつつ、こうした消費の背景には「日本製品の品質の高さ」のほかに、「日本人のサービス意識の高さ」もあると伝えている。

 記事はまず、「日本人は訪日する中国人が気前よく買い物をすることを知っている」と伝え、実際に中国人は帰国前に日本円を使い切ってしまうために空港内の免税店などで最後の買い物を楽しむと紹介。買い物に熱中するあまり、飛行機の搭乗時間を忘れてしまう中国人も少なくないと伝えた。

 だが、日本の空港ではまだ搭乗していない客を探して免税店をめぐっている空港職員を頻繁に目にすることができると伝え、その様子は「焦り」と「必死さ」が伝わってくるものだと指摘。責任ある態度で真剣に仕事に取り組む様子は、中国人にとっては「感動」を呼ぶものであると論じた。

 また、機内に搭乗後、窓から外を覗いてみると、やはり空港職員が飛行機に向かって手を降ったり、お辞儀をしたりする様子を見ることができると紹介。こうした対応は上海の空港でも見られないものであると伝え、日本人のサービス意識は独特であると同時に非凡であると称賛し、このような日本人のサービス意識の高さが「中国人旅行客の足を日本へと向けさせ、日本で気持ちよく消費することにつながっている」との見方を示している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)