12日、台湾のネット調査サイトが過去25年間を対象にした「最も話題になった映画」ランキングを発表。1位に選ばれたのは世界中の人々をとりこにしたあの名作だった。

写真拡大

2017年2月12日、台湾のネット調査サイトが過去25年間を対象にした「最も話題になった映画」ランキングを発表。1位に選ばれたのは世界中の人々をとりこにしたあの名作だった。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

台湾のネット調査サイト「DailyView網路温度計」が、ネットユーザーの声を元にして調査結果を発表した。今月26日、第89回アカデミー賞の授賞式が行われるが、過去25年間に作品賞を受賞してきた映画の中から、ネットユーザーが選ぶ「最も話題になった映画」ランキングを公開した。

堂々1位に選ばれたのは、世界中の人々を泣かせたラブロマンス映画「タイタニック」だった。1998年のアカデミー賞では、作品賞、監督賞など11部門で受賞。セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」も世界的にヒットした。

2位に入ったのは、俳優メル・ギブソンの監督作品「ブレイブハート」だった。スコットランド独立のため戦った実在の英雄を描き、アカデミー賞では5部門で受賞した。

3位はミュージカル映画の「シカゴ」。1968年の「オリバー!」以来、ミュージカル映画としては34年ぶりに作品賞を受賞した。

4位以下は、「羊たちの沈黙」「シンドラーのリスト」「フォレスト・ガンプ/一期一会」「スポットライト 世紀のスクープ」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「グラディエーター」「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」となっている。(翻訳・編集/Mathilda)