大久保の加入はやはり大きい。得点力アップが見込めるだろう。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 キャンプ地をいくつか回ったなかで、面白そうだったのがFC東京だ。FC東京は攻撃陣に大久保嘉人や郄萩洋次郎、守備陣には太田宏介、林彰洋などを獲得し、選手層が分厚くなった。タレントが揃えば、当然チームの質は上がる。それだけでも期待値は高いが、さらに今季のFC東京は、チームとしての戦い方にも面白い変化が生まれそうだ。
 
 昨季のFC東京といえば、「守備は計算できるが、攻撃でなかなか点が取れない」という印象があった。今季はそのイメージを覆しそうな雰囲気を感じた。
 
 まず、ベースとなる守備の部分では、昨季以上の安定感が見込めそうだ。最終ラインはCBに森重真人と丸山祐市、右SBにおそらく徳永悠平が入り、左には太田が戻ってきた。彼らが構成する防波堤はJ1屈指のレベルで、さらにGK林の加入で流れを変えるビッグプレーも期待できる。
 
 そして、注目したいのが攻撃陣。大久保や永井謙佑、郄萩らが加わり、崩しのバリエーションが昨季よりも増えた。
 
 やはり、大きいのは大久保の加入だ。大久保の得点力の高さは川崎で証明済みだが、FC東京でも大久保に点を取らせる形が見えた。
 
 FC東京には、中島翔哉や河野広貴といったドリブルで突破できる選手がいる。また、永井謙佑のようにスピードで変化を付けられる選手がチャンスメイクできるし、郄萩や梶山陽平のような配球をできる選手もいる。彼らが作ったチャンスを、最後に大久保が仕留める。トレーニングを見る限り、コンビネーションにも大きな問題はなく、それほど時間がかからずに上手く嚙み合うだろう。
 
 さらに、大久保の加入は、メンタル面でも好影響を与えると感じた。大久保は負けん気が強い。そうしたパーソナリティは今までのFC東京になかったものだ。周りの選手が大久保の姿勢に刺激を受け、守備の時の激しさや、勝利にこだわる貪欲さが植え付けられていくはず。FC東京は、どことなく淡白なイメージがあったが、そうした部分が解消されていくと思う。
 
 今季のキーマンをもうひとり挙げるなら、ボランチの郄萩だろう。
 今季のFC東京は中央からの崩しにトライしており、トレーニングでもCFの大久保やトップ下の東などがインサイドでボールを受けたり、近い距離でプレーする場面が見られた。こうした攻撃を機能させるためには、効果的な縦パスを入れられる郄萩の存在が重要だ。
 
 郄萩はキープ力と配球のセンス、ゲームをコントロールする能力に長けている。上手くフィットして、彼からの配球で攻撃が機能するようになればチャンスの数は間違いなく増える。
 
 また、郄萩は配球役をこなしたうえで、自ら飛び出してゴールに絡むプレーもできる選手。最前線の大久保は厳しいマークを受けることが予想されるため、郄萩がボランチの位置でゲームを作りながら得点にも絡むプレーができれば面白い。
 
 中央を上手く使えば、サイド攻撃も生きる。中央でタメを作り、空いたサイドのスペースにSBの太田や徳永がオーバーラップしてクロスを上げる。そんな相乗効果も期待できそうだ。
 
 唯一、気がかりな点があるとすれば、前線に高い選手がいないことか。ただ、機動力や選手の距離感を近くしてコンビネーションを使って崩していく形がメインになりそうだし、そこまで大きな不安要素とは言えない。
 
 優勝候補の一角というと鹿島や浦和になるが、勢いに乗ればFC東京にも上位陣を食えるだけのポテンシャルはある。
 
 その見極めとして、注目したいのが開幕戦だ。開幕戦は鹿島と戦うが、FC東京はその試合に向けて調整に入っている。セットプレーの練習も、すでに鹿島を想定したものだった。
 
 この時期に開幕戦の相手対策を取り入れるのはタイミングとしては早い。つまり、チーム作りが順調に進んでいるということだ。開幕戦で鹿島を食えれば、FC東京が上位戦線の主役に躍り出る可能性はある。

解説:三浦淳寛(元日本代表)