1

突如として億万長者になっても人は「働かずに暮らすこと」ができないと言われています。巨万の富を得られれば、大きな家を買い、豪華な食事をして、一生遊んで暮らすことが可能に見えますが、なぜ巨額の富が人を幸せにしないのか、TED-Edがアニメーションでわかりやすく解説しています。

Will winning the lottery make you happy? (TED-Ed) on Vimeo

「ある日、宝くじに当選して巨額の富を得る」という可能性を想像し、幸せな気分に浸れる人も多いはず。



では実際に宝くじに当選した人はその後ずっと幸福でいられるのでしょうか?



宝くじに当選した22人のその後の経過を調査した研究によると、宝くじに当選した数カ月後には、被験者の幸福レベルの平均値は、宝くじに当選していない人の平均値以上にならないということが判明しています。



しかも、当選者の中には当選する前よりも幸福レベルが下がった人もいます。



別の研究から、私たちが持つ楽しみ・怒り・不安・悲しみといった感情は、ある一定のレベルを越えると富や社会的地位による影響を受けないことが分かっています。



この現象は「快楽適応」「快楽原則」としても言い表されます。人間は自分の感情を安定させようとするため、新しい環境に適応しますが、これは幸福についても同じ。



さまざまな経験を通して人間の感情は「基準線」を越えたり、逆に基準線以下になったりと上下します。



例えば豪華な食事や旅行……



美しい家を購入することによって、最初は幸福レベルが急上昇します。



大気圏レベルにまで上昇した幸福レベルですが……



快楽適応のため、時間がたつとそれらに慣れて幸福レベルが基準線にまで戻ってしまいました。



一方で、逆のことも言えます。車の運転中に……



事故を起こし、運転手は体に麻痺が残ってしまいました。このような状況では人の幸福レベルは基準線よりも下がります。



しかし、数カ月後には人の幸福レベルは基準線に戻ります。これも、状況に適応するためです。



つまり、快楽適応は、人生におけるポジティブな変化による快楽を抑制しますが、一方で逆境から回復させるための力にもなるわけです。



宝くじに当選することが長期的に見て人間に幸せをもたらさない、という理由は他にもあります。



巨額のお金を管理することは非常に難しいのです。



宝くじに当たってもあっという間にお金を失ってしまう人もいます。



しかも、宝くじに当選したことで、人は社会的に孤立することがあるとのこと。周囲の人からお金を無心されるようになって、断り続けるうちに人間関係が断ち切られてしまったという話もあります。



また、別の研究で被験者にモノポリーをプレイしてもらい、一部の人を即座に裕福にするよう仕掛けたところ、裕福な人は貧しい人に対して横柄な態度を取り、「シェアするように」と言われたお菓子を独り占めしだしたそうです。このことから、富は人を意地悪にする傾向があるとも言われています。



巨額の富はあなたの人生の楽しみを保証したり、あなたを今以上に幸せにしたりしないのです。



では、人は何によって幸せを得られるのでしょうか?この点に関して、過去の研究では新しい車や大きな家というような物理的な物は、「新しい場所を訪れる」「新しい技術を学ぶ」といった経験と比べて適応するのが早いということが発表されています。



つまり、「物より思い出」、物質よりも経験に対してお金を使うことで人はより幸せになれるとも言えるわけです。



また、あなたを幸福にする別の要素の1つに、「他人に対してお金を使う」ということがあります。ある研究で、被験者らはお金を配られ、一方のグループは「自分のためにお金を使うこと」、もう一方のグループは「他人のためにお金を使うこと」を求められました。



その後、研究者らが両方のグループに聞き取り調査を行ったところ、他人のためにお金を使った人々は自分のためにお金を使った人々よりも幸福レベルがずっと高かったそうです。



さらに、世界136カ国の20万人もの人々の寛大さを調査した研究では、調査を行った90%の国々では寄付を行う人の方が寄付を行わない人々よりも幸福であることが判明しています。ただし、これに関しては、「人に親切にすることで自分が温かい気持ちになって満足する」という人々が物事や世界を悪化させているのでは?という指摘もされており、その場の感情に左右されるのではなく「どうしたら人を助けられるのか?」ということを考えることも重要です。