更年期は骨粗しょう症対策も忘れずに

写真拡大

更年期の症状は人それぞれだが、ほてりや発汗、めまい、イライラなどを自覚する女性は多い。一方、自覚症状がないのが骨密度の低下だ。放っておくと骨粗しょう症になり、骨折のリスクが高まる。

「閉経後の健康を保つには、更年期での対策が重要」という婦人科専門の上坊敏子医師に、更年期における骨粗しょう症対策について聞いた。

自覚ない更年期症状

更年期の症状は、閉経にともない卵巣の機能が低下し、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の分泌が急激に減少することで起きる。突然の変化にからだがついていかず、めまいや冷え、のぼせといった不調が現れる。

更年期に起こるのは、こうした顕著な症状ばかりではない。エストロゲンは脂質代謝や骨代謝のバランスを維持する働きもあるため、分泌量が減ると中性脂肪や悪玉コレステロールの増加、骨密度の低下といった変化が生じる。いずれも自覚症状はなく、気づかぬうちに進行してしまうケースが多い。とくに骨密度の低下は、骨折して整形外科を受診し、骨粗しょう症と診断されて初めてわかった、という人も少なくない。

骨密度は、古い骨を破壊する破骨細胞と、新しい骨をつくる骨芽細胞の働きのバランスが保たれることで維持されている。エストロゲンには、破骨細胞の働きを抑制する作用がある。減少すると、破骨細胞の働きが盛んになり、骨芽細胞が骨をつくるスピードが追いつかなくなるため、骨密度が低下し、骨がスカスカに。骨粗しょう症が閉経後の女性に多いのはこのためだ。

骨粗しょう症になると、ちょっとしたことで骨折しやすくなる。転んで手をついた拍子に手首を骨折したり、大腿骨を骨折してそのまま寝たきりになってしまう高齢者も多い。

相模野病院婦人科腫瘍センター長の上坊敏子医師は、「自覚症状はなくても、女性の骨密度はだいたい閉経を迎える50歳を過ぎると、てきめんに下がってくるんです。骨折してから対策するのでは遅い。更年期にしっかりケアをすることが大切です」と言う。

ホルモン補充で骨密度を維持

骨密度の維持には、骨を強くするための食事や運動など、日常生活での対策が欠かせない。加えて、更年期の女性には、更年期症状を和らげるホルモン補充療法(HRT)が効果的だ。

「骨密度を維持するためだけに婦人科を受診する患者さんはまずいませんが、ほかの症状があってHRTを試してみたら、骨密度の数値もよくなったと喜ばれることがあります。骨密度を上げるという意味でHRTが効果的なのは更年期の10年くらいの間ですが、この期間にしっかり対策しておけば、その後、骨粗しょう症になるリスクを下げることができると思います」と上坊医師。

HRTは保険が適用されるので、薬代は1日30〜50円程度と続けやすい。エストロゲンは皮膚を若々しく保ったり、コレステロール値を改善したりする効果も期待できる。

ただし、デメリットもある。HRTの注意点を上坊医師に聞いた。

「一番大きいのは、がんのリスクが高まることです。エストロゲンは、子宮体がんのリスクを増やすので、それを抑えるためプロゲステロンというホルモンを一緒に服用します。がんの発生率は下がりますが、念のため年に1度は子宮がん検診を受けていただきたいです。また、プロゲステロンを併用すると乳がんのリスクも少し高まりますので、乳がん検診も必須です。どうしてもがんが心配な方はやめておいたほうがいいでしょう」

ほかに、血栓症のリスクを高めたり、最初のうちは不正出血を起こしたりすることもある。

「女性ホルモンはみな、血栓症のリスクを高めます。血圧が高い方や肥満、血栓症の既往歴がある方や疑いのある方は禁忌です。不正出血は最初のうちだけで、しばらくすると落ち着きますが、それが嫌だという方もいらっしゃいます」

検診を受ければ怖くない

HRTでいくら骨密度を維持できるからといって、がんのほうがよっぽど怖い。リスクが高まると聞くとためらわれるが、上坊医師は「事前に医師とよく相談し、やるべき検査をしっかりやっていれば、それほど怖いことはありません」と言う。

「乳がんの問題にしても、ホルモンの補充はしていないけれど乳がん検診をまったく受けていないよりは、HRTで体調を整えたうえで、乳がん検診を定期的に受けているほうが、全体的にはいいんじゃないかと思います。乳腺外科の先生の審査を受けてOKが出た場合はHRTを継続しながら、乳腺外科で定期的に診てもらえれば心配はいりません」

高齢化が進む今、日本の骨粗しょう症患者は推定1300万人。今後ますます増えることが予想されている。

「日本女性の平均寿命は1947年には53歳だったのが、現在では87歳。これに対し、閉経年齢はほとんど変わっていません。閉経後3、4年しか生きないのと、30年以上も生きるのとでは、当然、病気に対する備えも違ってきます。なかでも骨密度の維持が大きなポイントになるのは間違いありません」と上坊医師。

閉経後の生活を元気に過ごせるかどうかは、更年期における対策にかかっているといっても過言ではなさそうだ。

[監修:上坊敏子 独立行政法人 地域医療機能推進機構 相模野病院 婦人科腫瘍センター長]

医師・専門家が監修「Aging Style」