漫画作中“重田不動産”がアットホームに加盟 なかなか手の込んだコラボが面白い

写真拡大

 講談社・ヤングマガジンサードで連載中のマキヒロチの漫画『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』の作中に登場する“重田不動産”が2月13日に、不動産情報サイト「アットホーム」に登場し、アットホームの不動産情報ネットワークに加盟することが発表された。

【関連:アルパカを飼いたい、地縛霊がない―不動産屋が驚いた新居の条件】

 『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』は、2015年より連載されている作品。既刊3巻で、2016年10月から12月まで大島美幸(森三中)、安藤なつ(メイプル超合金)らが出演しテレビ東京にて実写ドラマ化されている。

 今回のアットホーム加盟に際し、現実の不動産会社と同じように重田不動産の会社紹介ページが公開された。会社概要のほか、スタッフである重田終いのプロフィールやコメントも掲載され、なかなか手の込んだ作りとなっている。
 また、特別コンテンツとして、重田姉妹が伝授する部屋探しの裏ワザや、web限定オリジナルストーリーの漫画、『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』のアットホーム特別版第1話も無料公開されている。

 アットホームによると、今回の加盟により、重田不動産は流通物件の検索・入手・店頭のぼりや看板のツール購入など様々なサービスが利用できるという……が!物件公開など他のサービスを利用するかどうかは現時点不明だという。個人的には重田不動産の取り扱う架空の物件が見てみたい気もするが、その点含め今後何らか展開があることに期待したい。

(HideI)