生パクチーの代用となるソース

写真拡大

キユーピーは「生の国産を加工したこだわりの一品」という「アジアンテーブル かけるパクチー」を2017年2月17日から関東・東海・関西エリアに出荷し、ネット通販でも販売する。

「パクチーが大好き」な人から非常に高い評価

アジアンフードに多用される「パクチー」を使った料理は近年人気が高まっているが、風味が特徴的で好みが分かれる野菜でもある。

キューピーでは16年からテスト販売を実施した結果、「パクチーが大好き」という人から非常に高い評価を得られたため今回の正式な発売に至ったという。

生パクチーをペースト状にし、ナンプラーのうま味・コク・塩味を効かせた。食材にそのままかけるだけで、生パクチーのような香り豊かな風味が手軽に味わえる。

原料となるのは大分県などの国内契約農場で栽培されたパクチー。加工用に適した品種を同社の独自技術で加工し、パクチー本来の爽やかな風味と鮮やかな緑色を実現した。サラダや主食、おかずやおつまみなど、幅広く活用できる。

参考小売価格は350円(税抜)。