写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ローソンは2月10日、1月24日より約1万3000におよぶローソン全店舗で取り扱いを開始しているモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ/Alipay)」の利用状況を発表した。

同サービスは、中国螞蟻金融服務集団(アントフィナンシャル/Ant Financial)傘下のモバイル決済サービスで、訪日外国人観光客のさらなる利便性向上のため導入されたもの。このたび、1月24日〜2月5日までの13日間の利用状況を集計した。

これによると、中国の旧正月で大型連休となる「春節」(今年は1月27日〜2月2日)前に導入したこともあり、1日あたりのアリペイ利用件数がほぼ一貫して上昇。2月5日までの累計利用件数が5万2000件を超えた。

利用実績のある店舗は、観光客数の多い札幌や東京、大阪、京都、福岡、沖縄にある店舗を中心に全店舗の約3割を占め、全47都道府県に及んだ。

平均客単価は800円〜900円で、これはローソン全体の客単価の約1.6倍となる。購入商品は牛乳やおでん、肉まん、飲料水など、日本滞在中に消費される商品が中心。そのうち、品質に対する評判が高く、朝や夜のホテルなどでの飲用が多いことから、牛乳が一番多く購入されたという。

同社はこれまでも、免税サービスや外国人に対応した決済手段の拡大、一部商品への英語表記の追加など、新規サービス導入や言語対応を進めてきた。今後も、外国人が便利に買い物できる環境整備に取り組んでいく考えだ。

(小松原綾)