写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●プレミアムフライデー、プレ実施の手応え
経産省主導の「プレミアムフライデー」(月末金曜の15時退社)の初回実施日・2月24日を控え、意思表明をする企業も増えてきた。そんな中、「すでにプレミアムフライデーを実施している」とのリリースを出したのが、デジタルマーケティングのコンサルティングを行う会社・アンダーワークスだ。

また、祝日が土曜日と重なった場合、その前日の金曜に休暇を振り替える「わくわく金曜日」制度を発表。法律上「消滅」していた休暇を社内制度で拾い上げるインパクトで注目された。

前倒しで行っている「プレミアムフライデー」、そして「わくわく金曜日」に対する社内外からの反応はどのようなものだったのか。今回は、同社代表取締役の田島学氏、そして社員の中から鈴木久美子氏、高橋諭氏に同席いただき、「働き方改革」の最前線の声を聞いた。

○プレミアムフライデー、プレ実施の手応え

――プレミアムフライデー、要約すると「月末金曜の15時退社」を御社ではすでに実施されたとのことですが、いつから開始されているのでしょうか?

田島氏:「プレミアムフライデー」の発表があってからすぐ、2016年11月からですね。もともと弊社では、プレミアムフライデーに限らず「働く時間」について改善していく考え方を社員とも共有しておりまして、それこそ最終的には週休3日制にしていければと思っています。

そういう意味では、休暇を増やす言い訳を探していたところに、ちょうどよくプレミアムフライデーが登場したので取り組んだ、という面もあります。

そもそも、週休2日はここ20〜30年くらいで定着したワークスタイルです。テクノロジーが進化し、その頃とは働き方が大きく変わっているのに、同じ業務時間を遵守する必要はないと考えています。弊社の事業自体もテクノロジーの進化なしにはありえなかったものですので、その恩恵を最大限に活かしていきたいです。

――事前実施したプレミアムフライデー、社員のみなさんの退社率はどれくらいでしたか?

田島氏:基本的には、社員全員が早い時間に退社しました。15時ぴったりに全員、というのではなく、15時20分くらいになった社員もいましたが、その程度の誤差です。

――現状、かなりスムーズに実施されているんですね。

田島氏:とはいえ弊社の業務はクライアントワークなので、お客様に「月末金曜、15時からミーティングをしてほしい」と言われたら断りにくい状況があるのも事実です。それゆえ導入ハードルは比較的高い業態だと感じています。

ですが、日頃より社員が休みを取る前提で逆算して仕事を進めることが習慣となっているので、特別この制度のために発憤したということではなく、「(月末の)金曜は休む」という前提に立ってお客様との予定調整を行っていった、というのが正しいかと思います。

プレミアムフライデーの事前実施はこれまで計3回行っていますが、印象に残っているのは、最初の実施時に時短勤務の社員とも食事を一緒にできたことです。育児中の方が社の飲み会などに参加するのは難しいので、こうした機会を持てたのもメリットのひとつかと思います。

○社員からみたプレ・プレミアムフライデー

――社内の懇親以外にどういった時間の活用がされていたか、高橋さんと鈴木さん個人のご感想としてお教えいただけますか?

高橋氏:僕の場合、家庭を持っているので普段は個人の時間を取りづらく、プレミアムフライデーで得られた時間でリフレッシュができて、よかったと思います。

鈴木氏:もともと弊社は終電・土日出社当たり前という風土では全くないので、私にとっては大きなイベントとは感じませんでした。

私は最近転職してきたのですが、日本の多くの企業では個々人の進捗と退社時間が結びつきにくく、非効率な居残り残業をする風潮があるように感じています。連帯して居残る風土があるなら、逆に決まりを作ることで、うまく回るケースも出てくるのではないかと思いました。

田島氏:そうですね、仮に残業して深夜、土日も働いたとして、果たしてどの程度の成果が上がるのか、その判定が甘い部分が日本社会にはあるかと思います。「頑張り」を評価するといいますか。現在、「終わり」が明確でない仕事も多いなかで、決められた時間内にどれくらい働けているのか、一度可視化することが大切なのだと思っています。

コンサルティング事業というのは、個人的には24時間稼働する必要のある業種です。土日に本を読むのも大事な仕事のうちですし、自分のライフスタイルやそこから得られる情報が重宝されることも多く、オン・オフがなくなりがちな仕事だと思います。だからこそ、机に向かう時間はきちんと制限すべきです。

●「わくわく金曜日」命名の理由は?
○「わくわく金曜日」命名の理由

――土曜日に重なった祝日を金曜の休業に振り替える「わくわく金曜日」制度、ニュース記事を掲載したところ反響がありました。内容は堅実ですが、名前はとても親しみやすい印象です。命名の理由は?

鈴木氏:コンサル業というのは、どうしても外資系の大企業のイメージが強いようです。そうした先入観が社会的にある中で「プレミアムフライデー」のような横文字の名称を使っても、いまいち響きにくいのではないか、もっと親しみやすい方が浸透するのではと思って「わくわく金曜日」という案を出しました。実を言うと少しふざけて出した案だったんですが、採用されまして(笑)

田島氏:たとえば「弊社ではスーパープレミアムフライデーを実施します」というような伝え方をすると、クライアントに「コンサルがよくわからないことを言い出した」と受け取られてしまうかもしれません(笑)

それなら、「わくわく金曜日はじめます」とお伝えしたほうが、お客様にも「それはわくわくするね!」とすぐ理解してもらえるのではないか、と考えたんです。実際、先週クライアントと会食した際に、「わく金、おもしろいね」と大手企業の方から想定通りの反応をしていただけました。

ただ、この制度を決めた後、各自の予定を見たところ、土曜に祝日がある週は月曜に有休を入れて、自主的に三連休とする予定の人が複数人いました。こちらから設定しなくても自ら休暇を設定して業務を回しているのか、といい意味で肩すかしでした(笑)

○働き方改革の推進、業績に影響は?

――プレミアムフライデー、わくわく金曜日といった施策を経て、御社の業績に何か変化はありましたか?

田島氏:KPIを定めて数値を取ってはいないものの、全体としてむしろ結果はあがっていると考えています。

たとえば、弊社ではリモートオフィスを導入していて、私は朝方なので、あさ6時から始業して14時〜15時頃退社するのが体に合っているのですが、早い時間から仕事をしても、オフィスに残っている人がいる限り帰れない、となると、どうしても不満も生まれてしまいます。

もちろん、社員数が増えれば増えるほどフリーライダーに転じてしまう人は増えてくるとは思いますが、社員ひとりひとりが効率的に働けることそれ自体は大変素晴らしいことだと思います。

――御社の施策のみならず、働き方改革にまつわる取り組みに対して、「実現は不可能では」「その分業務が回らなくなる」という所感がSNS上で見受けられました。柔軟な働き方を取り入れて、実際のところ何かデメリットはありましたか?

鈴木氏:デメリットとは少し違うかもしれませんが、弊社が大企業ではないから回っている部分はあると思います。規模が大きくなると、先ほど田島の言及したフリーライダーが現れた結果、穴埋めのためにデキる人ほど短時間に高い成果をあげないといけなくなる懸念があります。

田島氏:また、自由度が高いということは、裏を返すと大変厳しいことです。高いレベルでのセルフマネジメントが求められ、成果を上げなくてはなりません。また、1人ひとりの成果を確認するプロセスを用意する必要があり、評価する側の負担が増えます。こうしたことも、デメリットと言えばそうかもしれません。

○業務でのFAX廃止、クラウドを利用

――休日が増えるとその分稼働時間は減るため、業務の効率化を進めておられると思いますが、具体的な例などあれば教えてください。

田島氏:BOXなどクラウドサービスの利用や社内メールの廃止(グループウェアの導入)などさまざまにありますが、原則FAXでのやりとりを行っていないのが大きなトピックかもしれません。

――FAXを使っている企業、まだ少なくない印象ですが、特にトラブルはなかったのでしょうか?

田島氏:確かに、FAXでないと取り引きしないと拒否されたこともありましたが、「非効率的な手段をとってまで取り引きする意味がある相手先か」と検討して、もう取り引きする必要はないと判断したケースもありましたし、交渉したらメールでのやりとりに対応していただけたこともありました。

FAXの件も、先ほどの評価のこともそうですが、「誰に合わせるか」というのは国によって大きく異なります。日本人はセーフティネットを大事にする風潮があって、それは非常に良いことだと思いますが、ともすると一番昔からあるものに盲目的にあわせることになりがちなので、そこは廃していってもよいのではないでしょうか。

○「オフィス」の概念を変えていく

――今後、社員の働き方で変えていきたい領域、あるいは方針などあれば教えてください。

田島氏:弊社ではグローバルで行っているプロジェクトもいくつかありまして、海外の方とやりとりしていると、彼らの中で「オフィス」という概念がなくなりつつあるのを感じます。アメリカでは、100人規模の企業でもオフィスは構えていない、というところもあるようです。

そこで、弊社では今後「オフィスとは何か」というテーマを考えていきたいと考えています。まずは「デジタルアウトドア」というコンセプトで、3月中に弊社内のインテリアを一新します。いわゆる職員室のような無機質な空間、行かないとならない場ではなくて、社員にとってテンションが上がり、気持ちよく情報のインプット/アウトプットができる場となるように作り変えるつもりです。

――ありがとうございました。

(杉浦志保)