転機は『アナと雪の女王』と「ときめきメモリアル」!

写真拡大

神田沙也加が、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』(2月18日公開)で劇場版オリジナルキャラクターの声優に抜擢された。声優としても目覚ましい活躍を見せている彼女だが、デビュー前から「声優になるのが夢」だったのだとか。夢を叶えるまでの道のりに欠かせなかったのは、“諦めない気持ち”と“たゆまぬ努力”。輝くような笑顔に隠された、ストイックな姿勢に迫った。

【写真を見る】シースルーの星柄ワンピがキュート!

次世代オンラインゲーム「ソードアート・オンライン」を舞台に、主人公キリトの活躍を描いた「ソードアート・オンライン」シリーズ。本作は、テレビアニメも大ヒットとなった同シリーズ初の劇場版。神田は、劇中でAR(拡張現実)アイドルとして人気を博す歌姫・ユナ役を演じている。

「すごく人気のあるシリーズなので、その世界に入れることがうれしかったです。ワクワクしていました」と声を弾ませる神田。アイドルという職業も存分に楽しんだと言う。「実際にはアイドルをやったことがないですから。アイドルってものすごく器用でなければダメという印象があるんです。私は器用な方ではないので、できないものだなと思っていて。ユナとしてのビジュアルをまとわせてもらえれば、アイドルをやれる。存分に楽しませてもらいました」。

普段の自分とはまったく違うキャラクターになれるのが、声優業。「ものすごく面白い」と思いを溢れさせる。「舞台ではあくまでもお客様の前に出ているのは、自分。どんなにメイクをしてもドレスを着ても、化けることには限界があります。でもアニメだと見た目もまったく違うようになれる。変身願望がすべて満たされる場所です。もともと一番最初になりたいと思っていたのは声優だったんです」と告白する。

きっかけは、小学生の時にやっていたゲーム「ときめきメモリアル」。シミュレーションゲームが大好きだったんです。『ときめきメモリアル』の藤崎詩織ちゃんと虹野沙希ちゃんが大好きで。セリフを真似していたんですが、ある日完璧にセリフを合わせたくて、ミュートにしてゲームをやってみたんです。そうしたら、キャラクターが生きている感じが全然なくなってしまって!声があるからこそ生きている感じがするんだと気づいたら、声優さんはすごいなって。それからはCVという欄を見るようになって、この大事な役割をやりたいと思うようになりました」。

デビュー後も「声優になりたい」という思いは消えず、声優養成所に通った。「現在はいろいろとやらせていただいていますが、長くかかりました」と振り返る。夢を叶えた秘訣があるとすれば、「諦めなかったことと、その時は機会がなくても、いつでも行けるように勉強していたことかな」と言うように、今があるのは努力の賜物だ。

転機となったのは、日本語吹替版で主人公アナの声を担当した『アナと雪の女王』だ。「『アナと雪の女王』がなかったら、今はないと思います。ターニングポイントですね。今でもゲームなどで定期的にアナの声をやらせていただくこともあって、自分の半身のようなキャラクターになっています。アナとは今も一心同体で、味方がいるような感じ。心強いです」と雪をかきわけて突き進むアナは、今でも勇気をくれる存在だと話す。

そして声優業とともに、彼女が大切にしているのが舞台の仕事。「ミュージカルで歌を勉強していなければ、アナの役はいただけなかった」と学んできたすべてが、今に繋がっている。「声のお仕事もやっとできるようになってきたので、もっとスキルも伸ばして続けていきたいです。それに加え、舞台というのは私の軸になっているものなので、舞台への感謝を忘れずに着実に続けていきたい」と展望を明かすが、舞台での経験を積み重ねてきたことが声優業に生かされることも。

「舞台では、劇場のキャパシティによってステージから最後列までの距離がそれぞれ違います。大きい劇場では、一番後ろの席からだと表情が見えないこともあって。そうするとどのように役の心境を伝えるかと言うと、声色でお芝居を伝えることになります。なので私は、いつも最後列に録音機を置いて、どのように自分の声が聞こえているのかをチェックしているんです」。舞台でも声の芝居を培っていたようだが、驚くのは彼女の音へのこだわりと勉強熱心さ。自分に厳しく、奮闘しながら憧れを手にしてきた。その自信が、今の彼女を輝かせているのだと感じた。【取材・文/成田おり枝】