歯の治療中は、歯を削られたり、不快な音や痛みに耐えたり、つらいものがあります。

そんな患者の不安を取り除こうと、天井にあるものを貼った歯医者さんが話題を呼んでいました。

ユニークな工夫をご覧ください。

 

My local dentist has a ceiling "Where's Wally?


ん?


天井に何か貼ってあります。

よくよく見ると……。

[画像を見る]
なんと「ウォーリーをさがせ!」

治療中の不安を、ウォーリーを探すことで紛らわせようというアイデアです。

実際にウォーリ―を探す余裕があるかはともかく、無機質で真っ白なだけの診察室よりはずっといいですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●いいね。うちの歯医者なんて、屋根から漏れた抽象的なシミがあるだけさ。

↑じゃあ、自分と全く同じ歯医者だよ。

●先週、天井に何か読むものを貼ってくれと歯医者に提案したら、まるでバカを見るような目をされた。これをうちの歯医者にも見せる。

↑自分が行ったカナダのどの歯医者にもテレビが頭の上にあり、ヘッドフォンをくれる。それが標準だと思っていた。

●うちの産婦人科ではジョージ・クルーニーの写真を天井に貼っている。

↑うちの産婦人科は、動物に見下ろされてる感じだよ。
[画像を見る]

●歯科医では手話の方法を天井に貼ってほしい。

●知りたいのは、その診察の間にウォーリーを見つけられたのかってこと。

●うちの歯医者には診察イスにテレビが付いている。でも残念なことにいつもトーク番組かメロドラマだ。それでチャンネルを変えようとすると歯科衛生士が嫌がる。ウォーリーの天井のほうがずっとましだ。


歯医者さんだけでなく、産婦人科でも天井に工夫しているところがあるとのことです。

仰向けで不安になっていることが共通点ですね。

【「うちの歯医者さんは不安を取り除くため、天井に『ある工夫』を加えた」称賛されていたアイデア】を全て見る