2つのシュートチャンスで2失点にラニエリ「今は運が不足している」

写真拡大

▽レスターのクラウディオ・ラニエリ監督が、12日に行われたプレミアリーグ第25節のスウォンジー戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽リーグ戦5戦未勝利の4連敗でスウォンジーとのアウェイゲームに臨んだレスターは、前半に2点を失うとゴールを奪えないまま試合終了を迎え、0-2の敗戦を喫した。

▽この結果、17位に後退したレスターは残留圏内を維持するも、降格圏内の18位に位置するハル・シティとは勝ち点1差となっている。

▽試合を振り返ったラニエリ監督は、現在のチームには運が欠けているとし、敗戦に悔しさを見せた。

「我々はスタートから素晴らしい入りを見せたと思う。しかし2つのシュートで2つのゴールを許してしまった。今シーズンはこういうことが起こっている。こういう失点の後に立ち直ることは難しいが、後半もチャンスはあった。そこでゴールだけが奪えなかったよ」

「今日のように最初のシュートでゴールを許し、2度目のシュートでもネットを揺らされてしまうと、選手たちも動揺するものだ。ただ、私の選手たちはトレーニングから懸命に取り組んでいる。信頼を取り戻すための運が今は必要だと思う」