幻想的な「青の時間」をモチーフにした新モデル

写真拡大

 カシオ計算機は、アウトドア向け腕時計「PRO TREK(プロトレック)」の上位モデル「MANASLU(マナスル)」から、夜明け前と夕焼け後のわずかな時間に空が青く染まる自然現象「ブルーモーメント」をモチーフにした新モデル「PRX-8000YT-1BJF」を2月に発売した。税別価格は19万円。

 「ブルーモーメント」を表現するため、ケースやバンドなどの主要パーツはブラックで統一し、ポイントカラーとしてサファイアガラス風防の縁にブルーの蒸着を施した。バンドにはDLC処理を施したチタンバンドを採用し、軽量ながら丈夫に仕上げた。

 ベースモデルの「PRX-8000」は日本人で唯一、世界14座の8000m峰を踏破した、PRO TREKアンバサダーであるプロ登山家の竹内洋岳氏のアドバイスを随所に取り入れて開発した本格アウトドアギア。

 -10℃まで耐える耐低温仕様で、インナーグローブの上からでも装着できる、アジャスト機構付きのダブルロック・ワンプッシュ三つ折れ式中留を採用。また、方位、高度・気圧、温度を計測でき、それらの計測精度、間隔を飛躍的に向上させた「トリプルセンサーVer.3」や、世界6局の標準電波を受信し、時刻を自動修正するマルチバンド6・タフソーラー、気圧の急下降や急上昇が生じた場合にアラームで知らせる気圧傾向インフォメーションアラームなど、実用的な機能を多数装備する。

 エベレストなど、標高8000mを超える山に登山する際は、時刻と計測値が最も重要な情報となるため、ブラックの文字板とコントラストの高いホワイトを大型のインデックスと針に採用。その他の表記はあえて目立たないようにし、時刻と液晶部の計測データを把握しやすくした。