子供の頃からフジテレビの番組が大好きだったヒャダインさん。けれど、いま、フジテレビの状況は厳しいものになっている。3回にわたり話を伺った最終回は、そんなフジテレビについての愛あるからこその率直な思い。そしてテレビの未来について話を聞きました。


 

――2016年、テレビで特に印象的だったことはなんですか?

 まず一つは『お笑い謝肉祭』(※「『裸になれば笑いがとれる』という低俗な発想が許しがたい」などというクレームを受け、BPOの審議対象となった)。内容はどうしようもなかったし、吉村(崇)さんが全裸でっていうのはありましたけど、あれを目くじら立てる時代になったんだと思いました。それは時代の変遷だから、ぼくはいいも悪いも思わない。逆にこれを引きずっちゃいけないと思います。

『謝肉祭』はTBSですけど、あれが批判された要因の一つとしては、もしかしたら(司会の)石橋貴明さんという存在が大きかったかなと思うんです。石橋さんって言ってみれば、80年代のやんちゃだった頃のフジテレビの擬人化だと世間に捉えられていると思うんですよ。「80’sの貴明」、「90’sの岡村(隆史)」という擬人化。

――フジテレビの擬人化!

 それでああいう過激な表現をした時に「反フジ」の人たちと同じクラスタの人が、もしかしたら攻撃したんじゃないかなという気がするんですよね。なので、“フジ的なモノ”が本当にダメな世の中になったんだなと。


 

 同じ吉村さんに関連した話では、2015年のフジテレビの『FNS27時間テレビ』で吉村さんの車をボコボコにしました。けど、全然面白くなかったんですよね(苦笑)。昔だったら面白かったんでしょうけど、それって、たけしさんたちがやっていた面白さ、成功体験をトレースしているだけ。あの年の『27時間テレビ』って、ぼくは「フジテレビ的なモノのお葬式」だったと思ってたんです。完全に想像ですが、旧体制の上の人が「おれらがやっていた頃は本当に面白かった。おれらがやっていたことと同じことすればいいんだよ!」と、若い人たちに言って、若い人たちも「わかりました。同じことをやればいいんでしょ」と、ブチギレ気味に同じことをやったみたいな印象だったんですよ。要するに昔ながらの人たちにそれで赤っ恥をかかせることができたという。「言ったでしょ、あなたたちが、20年前にやって成功していた体験というのは、いまトレースしたところで誰にも受け入れられないんですよ」という証明になった。だからぼくは「お葬式」だと思っていたんですけど、全然死んでなかった(笑)。ゾンビみたいに生きてる。

『イッテQ!』『有吉の壁』が破天荒アウトプットの“その次”を見せた


 

――過激なものをやるのがダメなわけではなくて、そのまま昔のやり方でやるのがダメなんですよね?

 同じ過激なことでも、前時代的なアプローチで笑いを取るというDNAをまんまやったらダメだけど、昇華させたのが『(世界の果てまで)イッテQ!』だと思うんです。あれも(出演者を)ヒドい目に遭わせるじゃないですか。あと『有吉の壁』とか。ああいうふうに“その次”というものを見せる番組も去年あったから、芸人の破天荒アウトプットはそっちの方向で行けばいいじゃないかと気づきましたね。

――実際、コンプライアンス云々言われても、やればできそうな気はしますよね。『クレイジージャーニー』とか『水曜日のダウンタウン』とかはできています。

 だから大義名分が必要なんだろうなという感じがするんですよね。『クレイジージャーニー』も、牛の血のゲロ吐いてるのを映しても、町でうんこしている少女を映しても別にドキュメンタリーだから、ということでやっている部分もあるし、『水曜日のダウンタウン』がズルいのは時々“いいこと”をやるんですよね(笑)。ギャラクシー賞とかを取っちゃうようなこともするので。

――あの番組、高齢者を扱うとハズレないですよね。感動的だったりする。

 そうなんですよね。そこら辺の彼らのやり方がぼくは正解だと思うんですよ。昔のアナーキーさをまんまトレースするんじゃなくて、ちゃんと噛み砕いて自分の方法で時代に合わせた方法で、だからと言ってそれは妥協ではなくて、いまだからこそのことをやる。

『(月曜から)夜ふかし』とか『(1億人の大質問!?)笑ってコラえて!』が素晴らしいのは、限られた予算の中で、どうやって面白いコンテンツを作るか考え抜いているところだと思うんです。出演料がかからない素人を上手いこと引っ張り出して面白いことを抽出して、あとはこっちの編集の腕でなんとかする。だからある意味、編集している人やディレクターとかも“演者”なんですよね。お金がないなら、ないなりにやってやろうという気概を感じるし、時代に寄り添っていると思います。

“関係性萌え”とフジテレビの“内輪感”は全然違う


 

――ヒャダインさんが番組を見る上で、好きな番組に共通するようなものはありますか?

 見る基準として出演者が楽しそうな番組がぼくは一番好きなんですよ。『スクール革命』って演者同士が仲いいですよね。『クレイジージャーニー』も、あの3人(松本人志、小池栄子、設楽統)が仲良さそうっていう。“関係性萌え”というか、殺伐とした世の中で、フェイクだらけの中でもリアルがあるというのが好きなので、リアルとして演者同士が仲がいいものが好きですね。

――ただタレントを並べたんじゃダメなんですよね。

 とりあえず演者をいっぱいだしておいた方がいいだろうってやった典型だったのがフジが大幅改変した時(2014年)に始まった『クイズ30』。要するに毎週30人の芸能人を呼んで、クイズをする番組。それでなぜかゴールデンボンバーの「女々しくて」をみんなで踊るっていう、地獄のような……(笑)。それを見て本当にズレているなと思って。お金がないなりに必死でやっている番組がウケている時代に、なんで限りある予算をタレントに回して内容を疎かにしているんだよという本末転倒甚だしいあの感じが、もはや哀れでしたね。

――それも昔のフジのメソッドという感じですもんね。

 そうですよね。それこそ「ものまね歌合戦」や「隠し芸大会」みたいに人をわーっと呼んで。もちろん『爆笑ヒットパレード』みたいに呼んだことによっていいという番組もありますけど、フジのお家芸とはいえ、いまの時代に合っていない感じがすごいするんですよね。


 

 あとフジテレビの番組に感じるのは、特に情報番組の“内輪感”のヒドさですね。『ノンストップ!』はまだ外を向いている感じがありますけど、他の番組は、こっちを置いてけぼりにして、見た目がキレイな子たちとキャリアのあるおじさんが“わいわいキャッキャッ”して、「○○ちゃん、××だよねぇ」「そうなんですよ〜」で「次のニュースでーす」と。知らねーよ!(笑)

――アッハッハッハ、ホントですよねえ。先ほど、仲の良さを感じる番組が好きだとおっしゃっていましたけど、それと内輪感の違いは?

“関係性萌え”のぼくからして嫌なのが、それをコンテンツとして全面に押し出しているからだと思うんですよ。それは極めて腐女子と似た感覚だと思っているんですけど、「ないところに探す」のがちょうどいい。あるものをないように見せているけど、実際はあるというのを探すのがちょうどよくて、それを「はい、仲良し。はい、ファミリーです」みたいな感じを出されると、引くわーとなる。え、こっちは一人だけど、と(笑)。寂しいってなるんですよ。


 

 いまのフジテレビのキャッチフレーズって、「フジテレbe with you」なんですよ。そして夕方のニュースが『“みんなの”ニュース』、夜のニュースが『“ユア”タイム』。押しつけがスゴいんですよ。あんなにこっちを一人ぼっちにさせているのに(笑)。だからフジの戦法の発想として、“わいわいキャッキャッ”やって楽しそうにファミリー感を出していたら、見ている人も親しみを持ってファミリー感を感じてくれるだろうと思っているかもしれないんですけど、それがどんズべっているんですよね。全然入っていけない。クラスで1軍の人たちと先生が“わいキャッ”しているところに入っていけないじゃないですか。「いいなー、先生とも仲がいいんだねぇ……」という孤独感があるんですよね。

――あぁ(笑)。よく分かります。

 根本的な原因というのが、フジが日テレの『笑コラ』とか『月曜から夜ふかし』の成功を見て、民間とマスメディアの垣根を取っ払わなければいけないということにまず気づいたと思うんですよ。そこまではまだいいんですけど、「民間」と「マスメディア」と言っている時点で上から目線なんですよね。「我々マスメディア様」が降りてやっているぞという感がひしひしと伝わってくるんですよ。君たちのレベルまで合わせてあげました。ぼくたちはあなたたちの味方です。気持ちがよくわかりますよ。ほら、こんなに下までへりくだりましたよ、と。そういう時点でバレますよね。

――そうですよね。視聴者を舐めている感じが透けて見えるから、逆に舐められるみたいな。

 そうなんですよ。特権意識がある人たちがへりくだったものを作ったところでリアルじゃないし、面白くもないし、鼻につく。校長先生が卒業式で「ヘビーローテーション」を踊る感じ(笑)。「ぼくは若い人たちが好きなものが大好きなんだ。AKB48とかいいよね」みたいな。「ぱるちゃんとかいいね」とか言って、「先生、ぱるるです」みたいな(笑)。そういうムリクリ感があるんですよね。今の時代ってネットが普及したせいか妙に視聴者もプライドが高くなっていて、舐めた嘘をつかれるのが一番嫌いなんですよね。

一人二人のキーマンで変わることがあるからテレビは面白いんですよね


 

――やっぱりテレビについて話すとフジテレビの話になっちゃいますね(笑)。

 子供の頃から好きだから、フジテレビ愛がすごいんですよ。愛ゆえの憎しみが……(笑)。抜本的に変わらないといけない時期が来てると思います。

――最後にこれからテレビに期待することはなんですか?

 でも、『関ジャム』や『ミュージックステーション』のテレ朝とか、すごい時間帯に『クイズ☆スター名鑑』をぶっ込んでくるTBSとか、すごくいい方向に進んでいると思うんですよ。そんな編成、普通考えないじゃないですか。『クレイジージャーニー』の内容だったりとか、トップがそういう尖ったものを「行け!」と言う人らしいので、BPOとかクレームとかに一喜一憂しない体力作りができつつあるんじゃないかって思います。何千万単位のマスを相手にしてるんだけど、一人二人のキーマンで変わることがあるからテレビは面白いんですよね。だから、クレームとか視聴率とかにそこまで過敏にならない、スポンサーの顔色をうかがわなくてもいいフェイズに変わってきつつある部分もあると思うんです。だから、伸び伸びとしたコンテンツが増えるといいなとすごく思いますよね。


 

写真=杉山拓也/文藝春秋

(てれびのスキマ)