左:昆夏美(ベル役)右:山崎育三郎(野獣役) 撮影 / つるたま
© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

ディズニー実写映画『美女と野獣』(2017年4月21日公開)プレミアム吹替版キャストの、野獣役・山崎育三郎さん、ベル役・昆夏美さんに、Webメディア独占インタビューを実施。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

『美女と野獣』という作品への思い、収録前の意気込みをうかがいました。

野獣の生い立ちや、繊細さが描かれている(山崎育三郎)

ーー本日はよろしくお願いいたします。

さっそくですが、まずは、山崎育三郎さんは野獣、昆夏美さんはベル、それぞれの役のキャラクターについて、お聞きしたいと思います。

山崎育三郎「アニメーション版『美女と野獣』で描かれた野獣よりも、より、野獣の人生観や、生い立ちが描かれていて、観客は、感情移入しやすいキャラクターになっていると思います。

なんでこうなってしまったのか、王子のときの彼も、全部繋がっていく。

細かく描かれているので、繊細に演じたいな、と思っています。」

野獣には、私たちの人生に重ねられる部分がある(山崎育三郎)

ーー甘いマスクと、歌声が人気の山崎育三郎さんが、怪物のような容姿に悩み、自分を追い詰めていく、野獣を演じる。

一見すると正反対ですが、野獣にシンパシーを感じるところはありますか?

山崎育三郎「今回の野獣像は、世の中の男性、誰でも、共感できる部分があると思うんです。

誰も完璧ではないし、コンプレックスだったり、足りないところを抱えながら生きているので。

自分も、学生時代に留学した際、アジア人だからバカにされていたというか、心を開けなかった経験がありました。

たまたま、クラスで席が隣だった友達に出会えて、心が解放されていく瞬間があったのですが、野獣がベルに出会うことによって、変化していくところと、重なる部分があります。

いろいろな部分が、私たちの人生に重ねられると思うんです。

アニメーション版の『美女と野獣』は、美しくて、ラブストーリーで、女性ファンがもの凄く多い印象があります。

今回の実写版では、野獣の変化していく過程が、男性にも、ものすごく響くんじゃないかと思います。

ぜひ、男性にも、観ていただきたいと思います。」

ディズニープリンセスの中でも、自分を持っているベルはすごく魅力的(昆夏美)

ーー幼少の頃からアニメーション『美女と野獣』のファンで、それこそビデオがすり切れるまで何度も観た、と、うかがいました。

ベルのどのようなところが、魅力的だと感じていますか?

昆夏美「女性は、ディズニープリンセスが、憧れの的だと思うんですね。

小さいときから、ベルだったり、シンデレラだったり、アリエルだったり、「私は誰々が好き」と会話してきた、誰もが憧れるディズニープリンセスの中でも、ベルというのは、聡明な女性というのが本当にぴったり。

自立しているというか、自分を持っているのって、すごく魅力的じゃないですか。

変わり者と言われても、気にせず、私は私でいられるって、尊敬に値するというか、なかなかできることではないですし。

私も含めて、現代では、“人と同じである” が一番というか、合わせてしまう人間になってしまう。

『美女と野獣』を観て、ベルを見て、自分を持ってていいんだ、自分らしくいることが幸せに繋がることになるかもしれない、と感じてもらえたらと思います。」

日本で初めて僕が歌う「For Evermore」。興奮しています(山崎育三郎)

--『美女と野獣』と言えば、誰もが知る名曲の数々、珠玉のミュージカルナンバー。

おふたりが歌っているシーンを早く聴きたい、ミュージカルファンも、多いと思います。

山崎育三郎さんは、アラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞の新曲「For Evermore」を歌うことになるのでしょうか?

山崎育三郎「はい。「For Evermore」は、今回の映画のためにかかれた楽曲で、ベルに対して心ひかれ始めた野獣が、彼女の決断を受け入れる、すごく切ないシーンで歌われます。

もともとミュージカル『美女と野獣』には、野獣がベルを思って歌いあげる「愛せぬならば」という名曲があるのですが、代わりに「For Evermore」が入ってきます。

野獣の優しさや、ベルに対する本気の愛が、見えるシーンなんです。

切なくて、繊細で、甘くて、でもドラマチック。

これを日本で始めて、僕が歌うわけですから、すごく興奮しています。」

ひとりのミュージカルファンとして、歌える喜びを誰よりも自分が感じている(昆夏美)

--昆夏美さんは、ベルとして、「愛の芽生え」「朝の風景」等を歌うことになるかと思います。

昆夏美「『美女と野獣』という作品は大好きなんですが、歌ったことが1回もないんです。

今回、プレミアム吹替版キャストを担当すると決まって、アニメーション『美女と野獣』を見返しても、「私、これ歌うんだ!」と。

ひとりのミュージカルファン、歌が大好きな人間として、小さい頃から憧れだった楽曲を歌える喜びを、誰よりも私が感じているんじゃないかと。

母や妹や父も、『美女と野獣』の楽曲を歌うんだということを喜んでくれています。

ミュージカルファンの方には、山崎育三郎さんと、私は、デビュー作が一緒で、2013年にもう1回共演させていただいているんですけれども、それ以降、一緒に歌う機会がなかったので、楽しみにしていただけたらな、と。」

© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

どれだけ映画の中の野獣に入り込めて、そこで会話している気持ちで喋れるか(山崎育三郎)

--ミュージカル俳優・女優として演じるときと、吹き替えを演じるときは、役への入り込み方や、役作りに、違いは感じていますか?

山崎育三郎「ミュージカルの場合は、自分で役を作っていくわけですが、映画の吹き替えは、すでに出来上がっている作品に、吹き込んでいくことになるので、野獣の表情だとか、芝居をしている人の感情に入っていく、という点が、大きく違います。

それから、ミュージカルの場合は、観客がいて、1,000人2,000人というお客様に対して、2階席3階席まで、ちゃんと感情が届くような表現を、意識しています。

映画では、野獣とベルの、1対1だけの関係で、会話をしているので、どれだけ野獣の気持ちに入り込めて、そこでちゃんと会話しているか、という想像力だと思うんです。」

スタジオ内でも全身で演技します。感情が動かないので(山崎育三郎)

ーーちなみに、ミュージカルでは、身振り手振りや、表情も交えての演技ですが、吹き替えでは、声だけの演技になります。

吹き替えのスタジオ内でも、舞台のように演技されるのでしょうか。

山崎育三郎「そうですね、野獣が右手を挙げていたら、一緒に挙げてみたりとか、乱暴に置いたら、一緒に動いてみるとか、そういうことで声に魂が入っていくので、実際に野獣が動いている動きは、やってみたりしますね。

ただ立ったままで、ずっと喋っていても、感情が動かないので。

動きがあってはじめて、声が乗ってきます。」

声だけで表現する新しい挑戦が楽しみ(昆夏美)

昆夏美「私の顔が、ベルを演じるわけではないので、ベルのキャラクターを考えつつ、あのエマ・ワトソンさんの顔から、突拍子もない声が出ないようにしなければいけないなと。

吹き替えってすごく大事で、一つ最初のほうで、違和感を覚えてしまうと、ずっと声のイメージが違うな、と思いながら終わってしまうこともあると思うので。

それから、声だけで表現するということで、普段であれば、身振り手振りがあって、表情があって、視覚的にも表現できるんですけれど、今回は、声に感情を乗せるときの、声の差し引きとかを考えながら、演じたいと思っています。

難しいけれど、新たな挑戦で、とても楽しみですね。」

マイクの位置ずれないように、と心配しています(笑)(昆夏美)

--昆夏美さんも、スタジオ内でも、全身で演技しますか?

昆夏美「はい。よく、テレビでアフレコを見ると、台本を持って直立不動で吹き込んでいるシーンをよく見ますけれど、よくできるな、私は動いちゃいそうだな、と思います。

だから、マイクの位置ずれないようにしないとな、とか、心配しています。(笑)

■『美女と野獣』

2017年4月21日(金)全国公開

監督/ビル・コンドン
出演/エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス
配給/ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.