アジアの高速鉄道市場をめぐって激しい競争を繰り広げる新幹線と中国高速鉄道だが、中国国内ではインドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画を受注したことなどにより、自国の高速鉄道に対して「技術の面でも建設コストの面でも新幹線には負けていない」などと主張する声が高まった。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 アジアの高速鉄道市場をめぐって激しい競争を繰り広げる新幹線と中国高速鉄道だが、中国国内ではインドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画を受注したことなどにより、自国の高速鉄道に対して「技術の面でも建設コストの面でも新幹線には負けていない」などと主張する声が高まった。

 だが、中国人たちが「中国高速鉄道には新幹線には敵わない」と認めているものの1つが「駅弁」だ。中国高速鉄道で販売されている弁当は高額のうえに美味しくないとして不評であり、それと対照的に日本の駅弁は見た目も美しく、美味しそうだと評価する声は多い。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、春節(旧正月)の長期連休を利用して日本を訪れた中国人が、東京駅構内で販売されている駅弁を見て「日本の駅弁が中国に完勝しているというのは本当だった」ことを伝えている。

 記事は、東京駅構内の駅弁販売店で撮影した非常に多くの写真とともに、日本の駅弁のクオリティを紹介している。駅弁販売店では日本全国で人気の駅弁が200種類以上も取り揃えられており、非常に多くの日本人客で賑わっていたようだが、この中国人は単一的な中国の駅弁と違い、日本の駅弁は多種多様であることに大きな驚きを感じたようだ。

 例えば、寿司の弁当や神戸牛、中華料理の弁当のほか、子ども向けの人気キャラクターを採用した子ども向け弁当などを紹介し、日本の弁当は「まるで芸術品のように美しく、見た目、香り、味のすべてにおいて、客に食べたいと思わせる」と形容した。

 また、「北海道新幹線弁当」は北海道新幹線の車両を模った容器になっていることにも驚いたことを紹介。日本の駅弁はパッケージなど見た目にこだわったものが多いことを伝え、色彩に乏しく、見た目的にもあまり美味しそうに見えない中国の駅弁とはまったく異なる存在であることを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)