結婚式にお呼ばれした時の格好って「これで合ってるのかな?」と毎回不安になりませんか? 自分だけ浮いてたらどうしよう……。変だって思われないかな……と気にする方も多いかと思います。結婚式はたしかに服装に気をつけなければならない場なので、周りから非常識だと思われるような格好は避けたいですよね。そこで今回は結婚式に合ったドレスマナーをご紹介! これで自信を持って出席しましょう。

白のドレスは絶対にNG!

これは常識中の常識ですが、白のドレスは選ばないようにしましょう。この理由は花嫁とかぶってしまうからです。クリーム色や薄めのピンクなども、お昼の時間帯に行われる結婚式であれば光の加減によっては白に見えてしまうこともありますので注意が必要です。主役と同じ色のドレスを身に付けるのは非常識とされているので避けるようにしてくださいね。

丈に注目して選ぼう!

どの丈も決して間違いではありませんが、膝丈もしくは膝下のものを選ぶのが無難です。短すぎるものや露出の多いもの、体のラインを強調するものは品がないと思われてしまいます。このような女性は視線を集めやすいため悪目立ちする可能性があります。

派手な羽織りものはNG

腕を出したくない方はボレロを着用することが多いですが、ファーはお祝いの場にはふさわしくないとされていますので気をつけましょう。絶対にNGというわけではありませんが、ファーの毛が抜けて料理に混ざってしまうかもしれません。もし着用したいという場合、料理の際は足元に置くなどの配慮をすると良いですね。

ネックレス選びも慎重に!

ゴールドのネックレスやギラギラ光るものをつけるのはNG。お昼の時間帯は特に目立ってしまいます。落ち着いたパールのものやシルバー系を選ぶのが無難とされています。

バッグは小さいものをチョイス!

大きめのバッグは邪魔になるのであまり好ましくありません。ハンカチと携帯を入れるだけの小さめパーティーバッグを選ぶようにしましょう。ここで注意してほしいのが、アニマル柄やスパンコールで埋め尽くされたようなギラギラと目立つバッグは避けることです! ドレスやネックレスと同様、派手なものは非常識とされているんですね。

夜の時間帯ならOKなものも!

最近では、ゴールドやギラギラとしたネックレス、バッグなどは夜であれば雰囲気に合うのでOKと言われています。もちろん派手すぎない格好をするのに越したことはありませんので、控えめに取り入れる程度に抑えておきましょう。

落ち着いた雰囲気にしようとカジュアルになりすぎるのもNGです。落ち着いていて品のある服装を意識しましょう。会場の雰囲気をネットで調べて、その会場に合った服装を選ぶようにしてくださいね。