画像

写真拡大 (全2枚)

 トライコーン提供のLINE ビジネスコネクト専用ASPツール「LOOPASS」と、トレジャーデータの「TREASURE DMP」が連携を開始した。大容量の顧客データをLINEでのCRMに活用し、最適なメッセージ設計やターゲティング配信が可能になる。

 トライコーンは、2月1日より、LINE ビジネスコネクト専用のASPツール「LOOPASS(ルーパス)」のデータ基盤に、トレジャーデータの「TREASURE DMP(トレジャーディーエムピー)」を採用した。

 今回の連携により、「TREASURE DMP」で集積・分析したデータを用いて、LINE上で顧客一人ひとりにより最適なコミュニケーションメッセージの設計やターゲティング配信が可能になる。

 また、「TREASURE DMP」上でのデータ分析から、「LOOPASS」でのLINEメッセージ配信までの一連の作業をスピーディーかつシームレスに実行することができる。

MarkeZine編集部[著]