12日、中国メディアの毎日経済新聞網が、中国の日本国債保有額が世界一になったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年2月12日、中国メディアの毎日経済新聞網が、中国の日本国債保有額が世界一になったと伝えた。

日本財務省が公表した最新のデータによると、2016年に中国が買い入れた日本国債は11兆2000億円で、2005年以来最高の水準となり、日本国債保有額が世界で最も多い国となった。

記事は、これまで安全資産として中国や日本など多くの国が米国債を買ってきたが、トランプ大統領が大統領選で当選してから風向きが変わったと紹介。中国も昨年5月から米国債額を減少させてきており、すでに保有額で世界一ではなくなっていると伝えた。

そして米国債の代わりとして購入しているのが日本国債だという。記事によれば、中国は短期国債を7兆2500億円、中長期を3兆9500億円を購入した。

これに対し、中国のネットユーザーから、「愛国はどこに行った?」「抗日ドラマは無駄に放送していたようだ」など、日本国債を購入することに対して批判的なコメントが少なからず寄せられた。

一方で、「ある日、大量に日本国債を売ったら、日本経済はどうなるのだろう?」「日本国債とは、われわれの手にあるガラスのコップだ。持っていることもできるし、うっかり落とすかもしれない」など、中国側に利点を強調する意見もあった。そのためか、「米国債を売って日本国債を買うとはなかなかやるな」と評価するコメントもあった。

しかし、一般庶民とは直接的な関係がないためか、「それでも中国人の給料は日本人の1/6で生活レベルは日本のずっと下」と現状を指摘するコメントもあった。(翻訳・編集/山中)