米調査で性格と寿命の因果関係が判明

写真拡大

“真面目な人が長生き”という因果関係を明らかにしたのは2011年に米国で発表された「長寿プロジェクト(The Longevity Project)」だ。

 スタンフォード大学の心理学者ルイス・ターマン教授が1921年、10歳前後の児童1528人を対象に調査を開始。その後、1980年代になってカリフォルニア大学の長寿学者ハワード・フリードマン教授が引き継ぎ、「性格」と「寿命」の因果関係を80年にわたって追跡する大規模調査に結実したのだ。

 健康長寿を実現するための特性とはどのようなものなのか。ターマン・フリードマン研究をはじめとした成果から、志向すべき性格とはどんなものなのかを探った。

◆「慎重」か「軽率」か

 フリードマンらが行なった調査では「勤勉な人は糖尿病や高血圧などの慢性病にかかる確率が低い」という事実が明らかになった。

 そのメカニズムを解き明かす最大の共通点は「リスクへの向き合い方」である。精神科医で岡田クリニック院長の岡田尊司氏が解説する。

「真面目な人はリスク管理の意識が高く、危険を冒さない特性がある。つまり〈どこまでが危険〉で〈どこまでが安全か〉を自分で考えているタイプです。定期健診は欠かさないので生活習慣病のリスクも減るし、スピードを出すような無謀な運転もしないので事故死も少ない。

 お金の使い方でも一攫千金を夢見て投資話に気安く近寄ったりせず、出費を削り稼いだお金を手堅く蓄える。大儲けのゲイン(利益)より、リスク(損失)を重視する特徴がある人が長く生きるというわけです」

◆「働き者」か「怠け者」か

 周囲にいる「真面目な男」を思い浮かべてみよう。勤勉に仕事に打ち込めば当然ながら出世のチャンスは広がる一方で、ストレスが蓄積して体を壊し、寿命は縮む──そんな気がしてしまうのは、「気楽な生き方のほうが長生きできる」というイメージが浸透しているからだ。

 ターマン・フリードマンの研究はこれを覆した。

「調査対象者のうち、30代後半までに職業的に成功したと判定された5分の1と、最も不成功な状態にあると判定された5分の1を選び出し、その後の寿命を比較すると、成功した人たちの寿命が5年も長かった。

 成功を収めた人たちのほうが勤勉な傾向が見られましたし、仕事に打ち込むなかで大きなストレスを受けても寿命を縮めることにはならなかった。逆に〈勝負から降りた人〉は長寿ではありませんでした」(岡田氏)

 つまり、「ストレスが長生きを妨げる」とは単純には言えないのだ。

◆「計画的」か「無理をしがち」か

 11年間にわたってカナダで行なわれた別の研究では30歳から69歳の男女について調査開始時の職業とその後の死亡率の関係を調べた。すると、〈仕事をしていなかった人〉の死亡リスクが男性で37%、女性で27%も上昇していたことが明らかになった。

「責任感や向上心を持って仕事にあたると、ある程度ストレスがあっても寿命に対してプラスに働くと解釈できます。

 大事なのは、自分のペースを保てるかどうかです。残業一つとってもオーバーペースになれば余裕はなくなり生産性は落ちる。長生きするには働きすぎる自己犠牲の真面目さではなくきっちり休んでパフォーマンスを維持するような洗練された真面目さが求められる」(同前)

※週刊ポスト2017年2月24日号