韓国の宗教団体系企業と、北朝鮮当局との合弁で設立された平和自動車。北朝鮮で乗用車の生産を行い、一時は黒字も出していたが、2012年から独自生産ができない状態となっていると、ドイツのドイチェ・ヴェレ(中国語版)が報じた。

同社は、平安北道(ピョンアンブクト)定州(チョンジュ)市生まれの文鮮明(ムン・ソンミョン)氏が創立した世界基督教統一神霊協会(統一教会、現在は世界平和統一家庭連合に改称)系の企と、北朝鮮の朝鮮連峰総会社との合弁で、対北宥和政策(太陽政策)を勧めた金大中政権時代の1998年に設立された。

平安南道(ピョンアンナムド)南浦(ナムポ)市の港口洞(ハングドン)に年産1万台が可能な工場を持ち、セダンとワンボックスカーを生産してきた。

2002年に発売されたフィパラム(口笛)は、フィアットの小型セダンをベースにしたもので、SUVのポックギ(鳩)は同じフィアットのドブロ、高級車のチュンマ(駿馬)は韓国双龍自動車のチェアマンをライセンス生産したものだ。

平和自動車の関係者は韓国CBSの取材に対し、2008年には50万ドル(約5600万円)、2009年には63万ドル(約7070万円)、2010年には79万ドル(約8700万円)の黒字を達成したと述べていた。また、2011年には利益73万ドル(約8200万円)を韓国に送金していた。

ところが2012月11月、生産が止まってしまった。

中国の自動車市場の専門家のエリック・ファン・インゲン・シェナウ氏によると、生産を続けている車種もあるが、中国製の部品を輸入し組み立てるだけとなっている。それも、ほぼ完成したものにタイヤ、バッテリー、エンブレムを装着するだけだという。

そのようにして組み立てられる車の多くが、北朝鮮に隣接する中国吉林省に本社を置く、中国自動車産業の「ビッグ5」の内の一つ、第一汽車のものだ。

生産が止まったのは、文鮮明氏が逝去してからわずか2ヶ月後のことだ。また、平和自動車が北朝鮮当局に無償譲渡された時期と一致する。

平和自動車のパク・サングォン社長は、韓国の朝鮮日報の取材に、「譲渡は文氏の遺言。韓鶴子(ハン・ハクチャ)夫人からも遺言どおりにするように指示を受けた」と述べている。しかし、遺言の信憑性など、譲渡を巡る経緯は明らかになっていない。

北朝鮮の自動車工業は、量的にも技術的にも初歩段階で、軍事用車両に偏っており、民生用の生産数は非常に少ない。さらに国際社会の制裁で、部品の調達も困難になっているとシェナウ氏は述べている。

そんな北朝鮮の自動車市場を虎視眈々と狙っているのが。中国の各自動車メーカーだ。市場経済が拡大し、運送業を営む人が増えているため、自動車への需要が伸びつつあるあるためだ。

北朝鮮へとの国境都市・丹東の税関周辺には、数多くのディーラーや、自動車関連用品を扱う店が立ち並んでいる。丹東税関の建物にテナントとして入っているディーラーだけでも5店舗に上る。