昭和30年代の試験塗料車両をイメージ

写真拡大

東武鉄道は、亀戸線周辺(曳舟〜亀戸)の下町エリア活性化を目的に、昭和30年代に採用されていたリバイバルカラー車両(8000系車両)1編成の運行を2017年2月16日に開始する。

亀戸線は、東京スカイツリータウン(R)が近隣に所在し、23区内ながらも2両編成で運行している下町情緒あふれる路線。昭和30年代の「標準色」を再現したリバイバルカラー車両(インターナショナルオレンジ色の車体にミディアムイエロー色の帯)も、昨年運行を開始し好評を得ていた。

今年のリバイバルカラー車両は、昭和30年代に試験塗装車両としてわずか4両のみに塗装されていた、グリーン色の車体に白色系の帯を締めたカラーリングをイメージした。同車両運行初日の2月16日には、亀戸線沿線の幼稚園児を招待し、亀戸駅で出発式を開催する。