【シカゴオートショー2017】日産のブースは映画『スター・ウォーズ』がテーマ 「Xウイング」仕様の「ローグ」も

写真拡大

【ギャラリー】Nissan Rogue Star Wars Tribute | 2017 Chicago Auto Show (6枚)


岩陰や衛星ジェダの洞窟にでも住んでいない限り、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が、2016年に公開された映画の中で世界最高クラスの興行収入をあげた作品であることはすでにご存じだろう。その事実に目を付けた日産は、自社のコンパクト・クロスオーバー「ローグ」を大ヒット映画とうまく結び付けて大きな効果を狙った。だから、シカゴ・オートショーの日産ブースが『スター・ウォーズ』をテーマに、同シリーズに登場する戦闘機「Xウィング」をイメージした「ローグ」を出展しても驚くには値しない。

【ギャラリー】Chicago Auto Show Nissan Star Wars (11枚)


日産のブースでは、ドロイドを装備したこのXウィング仕様ローグに加え、頭上には巨大なデス・スターがぶら下がり、Yウィング・スターファイター、TIEストライカー、全地形対応装甲貨物トランスポート(AT-ACT)、Xウィング・スターファイターの模型が展示されている。さらに場内には、ストームトルーパーが(あるいは、少なくともその姿に扮した役者)が登場するのだ。会期内の週末にあたる2月11〜12日、18〜19日には、来場者向けに写真撮影会も行われるという。ちなみに、日産に雇われたストームトルーパーがクローン兵かどうかについては明らかにされていない。

By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー