4月から藤原竜也が主演を務めるドラマ「リバース」(TBS系)の放送が決定!/(C)TBS

写真拡大

TBS系では、4月から湊かなえの小説を連続ドラマ化した「リバース」(毎週金曜夜10:00-10:54)の放送が決定。そして、藤原竜也が主演を務めることも発表された。

【写真を見る】戸田恵梨香は藤原竜也演じる深瀬の恋人・越智美穂子を演じる/(C)TBS

本作は、女性主人公の多い湊の作品では新鮮な男性が主人公のもので、ミステリーとともにそれぞれの人間ドラマが描かれる。TBSの連続ドラマ出演が7年ぶりとなる藤原は、有名大学を卒業しながらも地味でつまらない人生を歩む、今までの藤原にはあまりなかった普通で地味なさえない男を演じる。

藤原の他、戸田恵梨香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、小池徹平、三浦貴大、門脇麦、市原隼人の出演も決定した。

主人公・深瀬和久(藤原)の恋人・越智美穂子(戸田)の元に、「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が届いたことによって始まるミステリー。

美穂子の元に届いた告発文により、深瀬は心の奥底にずっと封印していた、10年前の冬に大学のゼミ仲間で行った旅行中の事故で滑落死した親友・広沢由樹(小池)の死と向き合う時が来たと直感する。

この事故には、隠されたある大きな“秘密”があり、その“秘密”を共有する大学のゼミ仲間である浅見康介(玉森)、村井隆明(三浦)、谷原康生(市原)の元にも告発文が届き、次々と事件に襲われてしまう。

そんな、ミステリー満載のドラマでは、原作の結末後の世界も描かれていく。

2月7日早朝、-10℃の雪山の迫力と美しさの中、藤原、玉森、小池、市原がクランクイン。この日を境に三浦、門脇らも続々とクランクインした。

藤原らが新たな“湊ワールド”を作り上げていく中、さらにYOU、志賀廣太郎、片平なぎさ、武田鉄矢らベテラン勢が、力強く彩りを添える。

タイトルは、英語で“reverse”=「逆」「反転」の意味を持ち、同時に“rebirth”=「再生」「復活」を表している。

このドラマは、視聴者の目線を毎回「リバース」させ、事件や事故の真実を「反転」させるミステリーであり、また亡くなった親友・広沢を軸に登場人物たちが友情や絆を「再生」させていく上質な人間ドラマでもある。

また、若者の目線だけでなく、あの日これは事故ではないと直感した刑事・小笠原(武田)の見る「偽り」と「真実」、息子の死をいまだに受け入れられない母・広沢昌子(片平)の「葛藤」と「赦し」という親目線の反転と再生も描く。

■原作者・湊かなえコメント

「リバース」は自著初めての、男性主人公の長編小説となります。人生初の親友。大学のゼミ仲間との旅行。そこで起きた事故、親友の死。残された仲間たちと共有することになった秘密。

卒業後、主人公は地味な生活を送りながらも、なじみの珈琲店ができ、恋人もでき、ようやく幸せな日常を手に入れたと思った矢先、自分を人殺しだと糾弾する脅迫状を突き付けられます。

脅迫状の送り主は誰か。親友は本当に事故死だったのか。親友は自分のことを本当はどう思っていたのか。男同士の友情と確執を、「夜行観覧車」「Nのために」のスタッフの方々、そして、魅力的な俳優の方々がどう作りあげていってくださるのか、楽しみで仕方ありません!

■藤原竜也コメント

(湊さんの作品は)皆さんが注目していますし、数多くの俳優さんが演じられているので、しっかりと責任をもって良い作品に仕上げたいです。

共演の市原君は演じるキャラクターもそうですし、彼自身も頼りがいがあるのでこのグループを引っ張ってくれる存在だと思います。

小池君は、難しい役どころになってくると思いますが、繊細なお芝居をされそうですし、玉森君は、常に注目されているアイドルですから、この作品に華を添えてくれると思います。戸田さんについても、ピュアな気持ちで演じてくれそうです。三浦さんとの初共演も、非常に楽しみにしています。

他にもいろいろなフィールドで活躍している方たちが集まっているので、面白くなると期待しています。

初めての湊作品となるので、僕自身、とても楽しみにしています。(雪山でのクランクインという)壮大なスケールで撮影初日を迎えるわけですから、しっかりとした世界観を皆さんに、金曜日にお届けします!