出典:(c)TBS

『TBS』では、2017年の4月期金曜ドラマ枠で、『リバース』を放送することが決定しました。

原作は今年デビュー10周年を迎え、数々の賞に輝いた人気ベストセラー作家・湊かなえさんの同名小説。従来、女性主人公の多い湊かなえ作品では新鮮な男性が主人公で、ミステリーとともにそれぞれの人間ドラマが描かれている本作。

プロデューサー、監督など製作陣は今までにも、『夜行観覧車(2013)』『Nのために(2014)』など上質なミステリードラマをお送りしてきましたが、今回満を持してお届けする湊作品は3部作目となります。

主人公・深瀬和久を演じるのは、圧巻の演技力と唯一無二の存在感でジャンル問わず多くの作品で主演をはっている藤原竜也さん。

『TBS』の連続ドラマは『おじいちゃんは25歳(2010)』以来、実に7年ぶりの出演。ダークヒーローや個性的なキャラクター等、力強くカッコいい役柄のイメージが多い藤原さんが、つまらないほど普通で地味な冴えない男・深瀬を演じ、今までの自身のイメージを“リバース”する作品になることは間違いありません。

また、共演として、藤原さん演じる深瀬の恋人・ヒロイン役を演じるのは、藤原さんと同じく様々な役を演じきることに定評のある実力派若手女優の戸田恵梨香さんが出演。

また、『Kis-My-Ft2』として活動をしながら今回ミステリー作品に初挑戦し、役者としての幅を広げることになるだろう玉森裕太さんや昨今、人気作の舞台やミュージカルで活躍し、役者として地位を確率した小池徹平さん、ドラマだけでなく映画でも役者としても数々の作品に出演し注目を上げている三浦貴大さん、様々な難役を体当たりで演じ出演作の絶えない若手注目度No.1の門脇麦さんはTBSドラマ初挑戦となります。

そして、藤原さんと同じく数々の作品で主演を演じてきた市原隼人さんが、藤原さんと共にドラマを引っ張り、この新しいミステリーであり人間ドラマの物語にスパイスを加えます。

こうした人気実力ともに勢いのある豪華な顔ぶれが、現代に生きる若者の友情や葛藤、贖罪に立ち向かいます。

さらにはYOUさん、志賀廣太郎さん、片平なぎささん、武田鉄矢さんと円熟な大人の顔ぶれがドラマの幅を広げ、物語にさらなる色を加えるべく勢ぞろい。

“人は誰でも罪を犯す。罪はどのように赦し、赦されるのか?”

友情、絆を軸に家族愛、夫婦愛、恋人への愛など、様々な愛を人間ドラマで丁寧に描きます。

また今回、原作の結末後の世界も描き、ドラマオリジナルのストーリーをお送りします。

痛いほど美しい「愛」のかたちとは……?

男性視聴者もきっと登場人物たちに共感しながら、極上ミステリーの世界にのめり込んでしまうはず。これまでの湊かなえドラマにない、女性だけでなく男性までもを巻き込みながら、この春、大きな旋風を起こすことは間違いありません。ご期待ください!

 

■ドラマ概要

“2017年春、湊かなえの新たな世界が動き出す――”

「僕の親友を殺したのは誰だ……?」

主人公は深瀬和久(藤原竜也さん)、32歳。有名大学を卒業しながらも地味で、つまらない程、 普通の人生を送ってきました。

物語は彼の恋人・美穂子(戸田恵梨香さん)のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が届いたところから始まります。その時、深瀬は心の奥底にずっと封印していた親友・広沢由樹(小池徹平さん)の死と向き合うときが来たと直感するのでした。

10年前の冬、大学のゼミ仲間谷原康生(市原隼人さん)、浅見康介(玉森裕太さん)、村井隆明(三浦貴大さん)と、村井の妹明日香(門脇麦さん)で行ったスノボ旅行中に不審な事故死を遂げた広沢。

しかし……、この事故には隠された大きな“秘密”があったのです。この“秘密”を共有した谷原、浅見、村井にも告発文が送られ、彼らにも次々と事件が襲いかかります。

深瀬は大事な人を守るために、10年前の事件の真相と向き合うことを決意。10年前の隠された罪と真相、脅迫犯の正体とは……!?

タイトルは、英語で reverse「逆」「反転」の意味をもち、同時に rebirth 「再生」「復活」を表しています。このドラマは、視聴者の目線を毎回「リバース」させ、事件や事故の真実を「反転」させるミステリーであり、また亡くなった親友・広沢を軸に登場人物たちが友情や絆を「再生」させていく上質な人間ドラマでもあります。

また、若者の目線だけでなく、あの日これは事故ではないと直感した刑事・小笠原(武田鉄矢さん)の見る「偽り」と「真実」、息子の死を未だ受け入れられない母・広沢昌子(片平なぎささん)の「葛藤」と「赦し」という親目線の反転と再生も描いていきます。

 

■原作あらすじ

深瀬和久は、事務機器メーカーにつとめるしがないサラリーマン。日々、淡々と生きています。そんな深瀬が唯一くつろげる場所は、こだわりの豆を販売しながら、店の片隅でもその豆を使ったコーヒーが飲める“クローバー・コーヒー”だった。

何度か通ううちに、一人の女性越智美穂子と出会い、やがて付き合うようになります。単調だった日々に彩りが添えられたと思っていた矢先、美穂子との関係に大きな亀裂が走る事件が起きます。

「深瀬和久は人殺しだ」と書かれた告発文が彼女に送りつけられたのでした。深瀬は苦悶します。

“いままでの人生での唯一の闇。それを、遂に打ち明ける時がきたのかと――”

そして、深瀬は10年間言えずにいた「秘密」を語り始めるのです……。

 

■登場人物


出典:(c)TBS

深瀬和久(32)「ニシダ事務機」営業部勤務/藤原竜也さん

物語の主人公。自分には価値がないとコンプレックスを抱いています。大学のゼミで知り合った自分と同じ地味グループの広沢は、人生で初めて出来た親友でした。

現在は珈琲専門店で知り合ったパン屋に勤める美穂子という恋人ができ、結婚も視野に考えています。ところが、美穂子の元に「深瀬和久は人殺し」という謎の告発文が届いて……。

告発文の犯人を探すため、再び広沢の事故と向き合います。そのなかで、当時隠されていた数々の秘密を知ることに。


出典:(c)TBS

越智美穂子(30) 深瀬の恋人・「グリムパン」勤務/戸田恵梨香さん

地味だが、美人で、慎ましい性格。大手のパン屋に務めています。行きつけのコーヒー店で深瀬と運命的に出会い、付き合うように。売れ残ったパンを、深瀬のアパートで彼のいれた珈琲で食べる時間がささやかな幸せ。

浅見康介(32)深瀬のゼミ仲間・高校教師/玉森裕太さん

何事にも正しくストイックな性格。学生時代は派手グループに属していました。現在は高校に勤務。容赦ない生徒指導で、生徒や保護者とのトラブルは絶えません。広沢の死に責任を感じ、10年経った今も禁酒をしている。告発文が届いた後、深瀬と事故の真相を調べることに。


出典:(c)TBS

広沢由樹(22) 深瀬の親友・ゼミ仲間/小池徹平さん

深瀬のたった一人の親友。旅行中行方不明になり、半年後に崖の下から白骨化遺体が発見されました。事件性も疑われたが、事故として処理。地味グループに属していると深瀬は理解していましたが、深瀬が広沢のことを調べて行く中で、誰も知らない顔が次々と現れてきます。


出典:(c)TBS

村井隆明(32) 深瀬のゼミ仲間・県議会議員秘書/三浦貴大さん

政界のサラブレッド。現在は議員である父の秘書に。父の地盤を引き継ぎ選挙に立候補する日を待ち望んでいますが、偉大な父に認めてもらえず歯痒い思いをしています。性根は純粋で、父からのプレッシャーに苦悶。有力議員の娘を嫁にもらい円満を振る舞っていますが……。


出典:(c)TBS

谷原明日香(旧姓村井)(27)村井の妹で谷原の妻/門脇麦さん

村井の妹。当時、広沢のことが好きだったので、旅行にも強引に参加。 礼儀作法も身についた名家育ちのお嬢様ですが、活発で言いたいことははっきり言うタイプ。大学卒業後、アプローチされていた谷原と結婚。現在は良き妻、良き母として家庭を守っています。


出典:(c)TBS

谷原康生(33) 深瀬のゼミ仲間・大手 九条物産社員/市原隼人さん

口癖は“みんなで行こうぜ”と人を分け隔てなく誘う、ゼミのリーダー的存在。大学時代から好きだった村井の妹と結婚し、現在は一児の父。一浪して有名大学に入学しましたが、社会人になって挫折。上司のパワハラを受けて、会社に居場所がありませんが、妻には言えないでいます。


出典:(c)TBS

乾恭子(43)“クローバー・コーヒー”マスターの妻/YOU

気さくで世話好きな、深瀬の行きつけのコーヒー店のマスターの妻。深瀬と美穂子が付き合うきっかけを作った人物で、二人の良き相談相手。想いあっているがうまく付き合えない二人をもどかしく思っています。


出典:(c)TBS

広沢忠司(65)広沢の父/志賀廣太郎さん

みかん農家を経営。深瀬に協力的。いつまでも息子の事故を受け入れられない妻・昌子を、いつか救ってやりたいと思っています。


出典:(c)TBS

広沢昌子(57)広沢の母/片平なぎささん

愛媛でミカン農家を夫と営んでいます。のんびりして大らかな性格で、理想的な母親ですが、息子の死を機に一変。未だ息子の死が事故だとは納得出来ず、警察にも足を運ぶ。深瀬たちが10年前の事故を調べていると知り……。


出典:(c)TBS

小笠原俊雄(65)元長野県警のフリージャーナリスト/武田鉄矢さん

広沢の失踪事件の担当刑事であり、10年前の事故で、人生が変わった1人。白骨遺体が発見されてからも、事故で処理しようとする上司に対して「事件性がある」と執拗に主張したために僻地に飛ばされます。のちに退職。なぜか今でも事故の真相を追い、深瀬たちに近づき……。

 

■第1話あらすじ

深瀬和久(藤原竜也さん)は、冴えない男です。有名大学を卒業しながらも地味で、つまらない程、普通の人生を送ってきました。唯一の彼の取り柄はおいしいコーヒーを入れること。

そしてその度に彼の頭をよぎるのは、たった一人の親友・広沢由樹(小池徹平さん)を失ったことでした。10年前、スノボ旅行中、彼が大学生の時におこった悲しい事件……。

ある日、深瀬は行きつけのコーヒー店で越智美穂子(戸田恵梨香さん)という女性と運命的に出会います。そして、頼りない自分にも明るく接する彼女の姿に強く惹かれてゆきます。

そんな中、深瀬のもとに届いた大学の教授の退官祝賀会の知らせが。広沢のことを思い出すのを恐れながらも会場に向かった深瀬は、10年前の旅行をともにしたメンバーである、社会科教師の浅見康介(玉森裕太さん)や、長年会っていなかった県議会議員秘書の村井隆明(三浦貴大さん)、村井の妹(門脇麦さん)の夫であり大手商社マンの谷原康生(市原隼人さん)らゼミ仲間と再会することに。

そして、そんな彼らの目の前に待ち受けていたかのように、10年前の事件の真相を未だに追い続けているジャーナリスト、小笠原俊雄(武田鉄矢さん)が現れ……。

 

原作者・湊かなえさんコメント

「“リバース”は自著初めての、男性主人公の長編小説となります。人生初の親友。大学のゼミ仲間との旅行。そこで起きた事故、親友の死。残された仲間たちと共有することになった秘密。

卒業後、主人公は地味な生活を送りながらも、なじみの珈琲店ができ、恋人もでき、ようやく幸せな日常を手に入れたと思った矢先、自分を人殺しだと糾弾する脅迫状を突き付けられます。

脅迫状の送り主は誰か。親友は本当に事故死だったのか。親友は自分のことを本当はどう思っていたのか。男同士の友情と確執を、“夜行観覧車”“Nのために”のスタッフの方々、そして、魅力的な俳優の方々がどう作りあげていってくださるのか、楽しみで仕方ありません!」

藤原竜也さんコメント

「(湊さんの作品は)皆さんが注目していますし、数多くの俳優さんが演じられているので、しっかりと責任をもって良い作品に仕上げたいです。

共演の市原君は演じるキャラクターもそうですし、彼自身も頼りがいがあるのでこのグループを引っ張ってくれる存在だと思います。小池君は、難しい役どころになってくると思いますが、繊細なお芝居をされそうですし、玉森君は、常に注目されているアイドルですから、この作品に華を添えてくれると思います。

戸田さんについても、ピュアな気持ちで演じてくれそうです。三浦さんとの初共演も、非常に楽しみにしています。他にも色々なフィールドで活躍している方たちが集まっているので、面白くなると期待しています。

初めての湊作品となるので、僕自身、とても楽しみにしています。(雪山でのクランクインという)壮大なスケールで撮影初日を迎えるわけですから、しっかりとした世界観を皆さんに、金曜日にお届けします!」

【関連記事】

※ 幸せオーラ全開!佐々木希の「ぷるんと美胸」をとくとご覧あれ

※ 伸ばしてバストキープ♡筧美和、 美ボディの秘訣

※ 熱愛報道・坂口健太郎が意味深「1回でしっかりと守るぞ」

※ 「なりたい顔 No.1」の石原さとみが指南する春メイクのポイントとは?

※ 菅田将暉、独自のコミュニケーション方法を告白「ずけずけいっていいと思う」