今度の藤原竜也は“冴えない地味男”役 (C)TBS

写真拡大

 藤原竜也と戸田恵梨香が、湊かなえ氏の小説をTBSが連続ドラマ化する「リバース」で共演することがわかった。2人の本格的な共演は、2006年公開の「デスノート」「デスノート the Last name」以来約10年ぶり。今作では主演の藤原が主人公・深瀬和久、戸田がその恋人・越智美穂子に扮する。

 「告白」「白ゆき姫殺人事件」などで知られる湊氏の同名小説を、湊氏原作のドラマ「夜行観覧車」「Nのために」を手がけた製作陣が結集し実写化。物語は、深瀬と美穂子のもとに「深瀬和久は人殺し」という告発文が届いたことから始まる。2人の間に大きな亀裂が走り、深瀬は記憶の彼方に封印していた“秘密”を語り始める。それは10年前の冬、深瀬の親友・広沢由樹が死を遂げた、スノボ旅行中の事故に関するものだった。

 これまで圧倒的な表現力でダークヒーローや“クズ男”を演じてきた藤原だが、今作では地味で冴えないサラリーマン・深瀬役。撮影に向け「初めての湊作品となるので、僕自身、とても楽しみにしています。(雪山でのクランクインという)壮大なスケールで撮影初日を迎えるわけですから、しっかりとした世界観を皆さんに、金曜日にお届けします」と呼びかけ、「数多くの俳優さんが演じられているので、しっかりと責任をもって良い作品に仕上げたいです」と意気込む。戸田に対しては「ピュアな気持ちで演じてくれそうです」と期待を込めている。

 そしてヒロイン・美穂子役の戸田は、藤原について「頭が良くて切れる男のイメージが強いなか、今回の少しなよっとして頼りなさげで、女性目線で見て可愛らしいと思う役が珍しいと思うので、実際に撮影するのがすごく楽しみです」とコメント。さらに役作りのプランを「『女っぽさが見えないようでいて可愛らしく見える』というのを目指そうと思っています」と明かしている。

 脇を固める面々も、豪華な俳優陣が顔をそろえた。ミステリー作品初挑戦となる「Kis-My-Ft2」の玉森裕太をはじめ、小池徹平、三浦貴大、門脇麦、市原隼人、YOU、志賀廣太郎、片平なぎさ、武田鉄矢らが出演。ドラマは原作のその後も描くそうで、結末はオリジナルストーリーが展開されるという。「リバース」は、4月期からTBSで毎週金曜日に放送予定。