新作「劇場」のゲラをチェックする又吉直樹

写真拡大

長編小説「火花」で第153回芥川賞を受賞した又吉直樹が、待望の小説第2作「劇場」を、3月7日(火)発売の文芸誌「新潮」4月号(新潮社)にて発表することが明らかになった。

単行本化された「火花」は、単行本253万部、文庫30万部で累計283万部のベストセラーとなり、動画配信サービス「Netflix」ではドラマ化。さらにNHK総合でも2月26日(日)からオンエアされることも決定している。

新作「劇場」は、原稿用紙300枚もの長編で、又吉にとって初挑戦となる“恋愛小説”だという。

また、本作の発表に先駆けて、執筆中の又吉に密着したNHKスペシャル「又吉直樹 第二作への苦闘」(仮)が、2月26日(日)夜9時からNHK総合で放送される予定だ。