楽しい人生を送るためには周囲の影響はもちろん、自分自身の普段の心がけもとても重要になってきます。普段まわりの意見に振り回されがち、ちょっとしたことで気持ちが落ち込んでしまいがちというあなた。そんなあなたが、心おだやかに毎日を送るために理解しておかなければならないことをまとめてみました。

自分に悪影響を及ぼすものを遠ざけるようにすること

悪影響を及ぼすもの――それはときに人だったり、仕事だったり、学校や習慣だったりすることがあります。そういった、自分でも理解している“あなたに悪影響を及ぼすもの”を遠ざけて前に進むようにしなければなりません。
その状況から離れなければならないとわかっているにもかかわらず自分を説得して、その場に居続けるようなことをしてはダメなのです。「今まで努力してきたのに!」と思うかもしれません。でも完全に悪状況の中でそのまま努力を続けても、時間をムダにするほかないのです。

努力しても手に入らないものがある

小さいころ、努力すればどんなことだって願いは叶うと言われたのを覚えていますよね。しかしそれは悲しいことに、100%正しい言葉ではありません。
でも大切なのは「どうせ努力しても手に入らないし!」と最初から努力しないという方向にもっていかないこと。努力して手に入らなかったときには「まあ、人生なんてこんなもんよね」と気持ちを切り替えることなのです。

広い心を持って不必要な言い合いを避けること

あなたの意見に対して誰かが別の意見を持っていたとします。そんなときにあなたは相手を納得させようとしますか? それともとりあえず相手の意見に合わせようとしますか?
そこでのあなたの対応は、話のトピックになっていることによって切り替えて良いのです。もし話し合ってもムダだなと思うなら、それについては相手に意見を合わせる必要もなく、あなたの意見を相手にわからせようとする必要もありません。さらっと相手の意見を聞き流すようにしましょう。それだけです。広い心を持って、ムダなことにパワーを使うことは避けるのです。

自分の行いはあとから自分に返ってくる来るということ

もしあなたが誰かに親切にしたとしたら、きっと誰かがあなたに親切なことをしてくれるはずです。あなたが誰かに嫌なことをされて、でもそれを許したとしたら、あなたが誰かを嫌な気分にさせたことも許されるはずです。
イライラしていると、だれかに意地悪をしてしまいそうになることもありますよね。でもそんなときには「今私が意地悪をしたら、きっと今後誰かに同じ目に合わされるんだ」と自分に言い聞かせ、気持ちを改めるようにしてみてください。この状況で自分だったらどうされたら嬉しいかな……と考えるのです。