ゼコ公式戦6連発&ナインゴラン躍動のローマが連勝で2位堅持! ELビジャレアル戦に弾み《セリエA》

写真拡大

▽セリエA第24節、クロトーネvsローマが12日にスタディオ・エツィオ・スチーダで行われ、アウェイのローマが2-0で勝利した。

▽前節、フィオレンティーナとの強豪対決に快勝で2位キープのローマは、来週ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)。ラウンド32初戦のビジャレアル戦を控える中、19位にクロトーネとのアウェイゲームに臨んだ。フィオレンティーナ戦からのメンバー変更は2点。アフリカ・ネイションズカップ帰りのサラーが復帰後初先発を飾り、デ・ロッシに代わってレアンドロ・パレデスが起用され、トッティは遠征メンバー外となった。

▽守備的に入ったホームのクロトーネ相手にゼコを起点に攻勢をかけるローマは、16分にサラーがボックス内でDFフェッラーリに倒されてPKを獲得。だが、前回のウディネーゼ戦でもPKを失敗しているエースFWゼコがまたしてもゴール左に外してしまい、絶好の先制機を逃した。

▽20分にもエメルソン・パルミエリの左サイドからのクロスをゴール前のサラーが頭で合わす決定機を作ったローマだが、その後は集中して守るクロトーネの守備を前に苦戦が続く。

▽それでも、40分に左サイドでキープしたストロートマンからパスを受けたナインゴランがボックス内でサラーからのリターンパスを受け直し、右に持ち出しながら右足を振り抜くと、DFの間を抜けたシュートがゴール左隅に吸い込まれた。ゼコのPK失敗もあって苦戦したローマだったが、ナインゴランの2試合連続ゴールで先制に成功した。

▽迎えた後半、立ち上がりから攻勢をかけるローマは、53分にカウンターから左サイドを持ち上がったナインゴランのダイアゴナルパスをボックス右で収めたゼコがシュートを放つが、これは相手DFにディフレクトしてクロスバーを叩く。このプレーで得たFKの場面ではファシオが打点の高いヘディングシュートを放つが、今度は右ポストに阻まれた。

▽後半立ち上がりの決定機を逃したローマは、58分にボックス左に抜け出したファルシネッリにゴールネットを揺らされるが、ここはオフサイドの判定。だが、直後の59分にはアコスティのミドルシュートでGKシュチェスニーがファインセーブを強いられるなど、一瞬の隙から続けて決定機を許した。

▽立ち上がり以降、なかなかチャンスを作り切れず、追加点が遠いローマだったが、ここまで眠っていた主砲がようやく目覚める。77分、パレデスとのパス交換でボックス右ライン際に飛び出したサラーの丁寧な折り返しを、ファーで待ち構えたゼコが冷静に右足で流し込んだ。

▽ゼコの公式戦6試合連続ゴールで決定的な2点目を奪ったローマは、その後サラーやブルーノ・ペレス、ナインゴランと主力を下げてこれがローマでのリーグデビューとなるマリオ・ルイらをピッチに送り出し、試合を締めにかかる。そして、相手の反撃をきっちりクリーンシートで凌いだローマが、リーグ戦2連勝で2位キープに成功。良い形でミッドウィークのELビジャレアル戦に臨めることになった。